2018年4月3日 更新

【悲報】目が合っただけでも「痴漢」と呼ばれる時代がやってきた!

世の女性たちを悩ませる痴漢問題。まぁ許された行為ではない一方で、社会がエッジを効かせて取り上げすぎて、男性女性ともに不幸な状況に持っていかれてる感もあります。そしてまだまだこの問題は大きくなっていくようで……。

328 view お気に入り 0

「触らない痴漢」 決め手は女性側が不快と思うかどうか

 (81126)

警察庁によれば、迷惑防止条例違反の痴漢事犯の検挙件数は、2006年が4181件だったのに対し、10年後の2016年には3217件と、実に1000件近くも減少した。
都道府県警察が、痴漢に対して警戒や対策を強化した成果といえるだろう。
いやーめでたいことですね!痴漢の減少。

とは言えこの数字はあくまでも検挙数であって、必ずしも発生件数そのものが減ったわけではないのでしょう。

実際泣き寝入りしちゃってる女性も少なくないえしょうし。

完全撲滅までの道のりはまだまだ長く険しい感じ。
たとえば神奈川県警では、「電車内痴漢等迷惑行為相談所」というホームページで、〈ちょっとした行動を起こしてみましょう。犯行をやめさせることができるかもしれません〉と警戒を呼びかけている。
いわく痴漢というのは、「こいつなら騒がれないだろう…」という奴を選んで行為に及んでいるらしいので、その予想を覆す動きをしてあげるだけで、相手を大きく動揺させることができるでしょう。

まぁ辞めさせて終わりじゃなく、その人の人生まで潰してなんぼやとは思いますけどね。

取り締まりの厳しさが、新たな被害を生んでいる……?

取り締まりの強化、女性側の意識の変化で痴漢が減っているのだろう。しかし、そうした動きが、「触らない痴漢」という“新たな犯罪”を生み出している。
女性の自己防衛に詳しい安全生活アドバイザーの佐伯幸子氏が言う。

「昨今の自己防衛の高まりで、触られた場合だけでなく、危険を感じたり、不快に感じた時点で『痴漢です』と訴える女性が増えているようです」
触らない痴漢とは、また理解不能な輩が現れたなぁという感じですね。

それってもう何が目的になってんの?と。

いわく、痴漢は性欲発散というよりストレス発散の要素が強いそうで、相手が嫌がっていればそれで良いってことなんでしょうかね。

それにしても、不快に感じた時点で痴漢と訴えられてしまうというのは、男にとって恐怖でしかありません。

もはや冤罪とかの問題でも無くなりそうな予感……

 (81127)

たとえば、満員電車で体が接近した男性の吐息がかかったことで「匂いを嗅がれた」、あるいは、何度も目が合ったことで「いやらしい目で見られた」などと訴え出られれば、痴漢の容疑がかけられることになるのだ。
実際に神奈川県警・鉄道警察隊は、「相談所には『体には触れていないが、異常に接近してきて怖かった』といった女性からの相談もありました」と認める。
25 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

痴漢冤罪の対処法・・・「この人痴漢です!!」・何もしてないのに満員電車で痴漢と言われたら警察に行くべき?それとも示談金?

痴漢冤罪の対処法・・・「この人痴漢です!!」・何もしてないのに満員電車で痴漢と言われたら警察に行くべき?それとも示談金?

満員電車に乗っていると、知らない女性から突き付けられた痴漢容疑。駅員も警察も誰も本当の事を信じてくれない。時間が過ぎ、会社にも家にも居場所を無くしてしまった。そうなる前に痴漢冤罪についてきちんと学びましょう!
鈴木康平 | 436 view
チカン、あかん!その対策方法に関する何とも言えない脱力感

チカン、あかん!その対策方法に関する何とも言えない脱力感

痴漢は卑劣な行為であり、絶対に許してはいけないし、させてもいけない!のはもちろんなのですが、その対策方法に関して、なんとも珍妙な意見があったので取りあげてみます。
山岡ソースケ | 77 view
身に覚えなく「痴漢!」と言われたら、あなたは?|逃走し亡くなった男性“命とり”の言葉

身に覚えなく「痴漢!」と言われたら、あなたは?|逃走し亡くなった男性“命とり”の言葉

もしも、あなたがまったく身に覚えのない濡れ衣で「痴漢です!」と車内で声をあげられたら……。そうして逃げたために、ひかれて命を落とした男性のニュースがありました。実際に、こうした逃走話が幾つかあるのです。本当に何もしていないのに間違われるリスクは、生活の中で隣り合わせ。「逃げないで!」本当に何もしていない時、どうすべきなのか、弁護士さんからの注意をご紹介します。
電車の中で見かけるケンカに痴漢、女性の化粧など・・・通勤・通学を困らせる困った人たち 

電車の中で見かけるケンカに痴漢、女性の化粧など・・・通勤・通学を困らせる困った人たち 

通勤・通学で電車を利用すると困った人たちをたまに見かけます。大声で怒鳴り合い、ケンカをする人。大きなリュックを背負う人。痴漢行為をなんとも思わない人。電車を利用する人も車通勤の人も是非チェックしておきましょう。
鈴木康平 | 286 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

山岡ソースケ 山岡ソースケ