2018年1月19日 更新

森永製菓“金のエンゼル”目指す「チョコボール開封おじさん」の快挙に「キョロちゃん」も祝福!

森永製菓の「チョコボール」を1日1個ずつ開封し、当たりの有無を日々報告するツィッタ―アカウント「チョコボール開封おじさん」が、活動開始から・・ついに「金のエンゼル」を引き当てた!と話題に。大当たりの「金」が出ると「おもちゃのカンヅメ」という景品と交換できます。そんなエンゼルの有無を、連日伝えてきた「おじさん」は一体どんな人?なぜ「チョコボール開封」を始め、SNSに毎日載せようと思ったのでしょうか?

204 view お気に入り 0
森永製菓の「チョコボール」を1日1個ずつ開封し、当たりが出たかどうかを日々報告するTwitterアカウント「チョコボール開封おじさん」が、活動開始から1409日目にして・・・

ついに「金のエンゼル」を引き当てた!と話題になっています。
このアカウントを運営する男性は取材に対し、金のエンゼルを見た瞬間に「おっ」と思わず声が出た、と喜びを語る。
 (73332)

チョコボール開封おじさん

「チョコボール開封おじさん」のアカウントを運営するのは、30代の会社員男性。
▼「チョコボール開封おじさん(@chocoballGT)」のアカウント
 (73312)

2014年3月1日からほぼ毎日欠かさず、チョコボールの「くちばし」部分の写真を投稿し、当たりの”金のエンゼル”があるかどうかを報告していました。
どんな方かと言うと、その名の通りです。チョコボールをひたすら開封し続け、毎日ツイッターに公開するという、とんでもない観察日記をつける男性です。
よく見てください・・・。こちらのツイート、1257個目のチョコボールです!余裕の1000個越え。つまり、約3年半も続けられているのです。小学6年生だった子どもが高校に入学する程の年月ですよ。
 (73309)

チョコボール開封おじさんは、なぜ「チョコボール開封」を始め、Twitterに毎日載せようと思ったのでしょうか?おじさんは、このように回答しています。
純粋に金のエンゼルを自力で当ててみたいと思ったのと、SNSという情報発信ツールの拡散などで、どれくらい広がるのかを見てみたかったからです。一度に大量に購入して開封するのは、芸が無いのと思ったので、1日1個開封して、結果をTwitterにUPすることにしました。
 (73314)

64 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキュレーター

SOCIALZINE編集部まりんちゃん SOCIALZINE編集部まりんちゃん