2018年9月7日 更新

ディズニー名作「メリー・ポピンズ」公開から”54年後”・豪華キャストで”続編”が全米公開!

ウォルト・ディズニーの最新映画「メリー・ポピンズ リターンズ」が、今年12月に全米で公開されます。P.L.トラヴァースの小説を基に、1964年に映画化され、アカデミー賞13部門ノミネート&5部門受賞した前作。その”20年後”となる大恐慌時代のロンドンが舞台となります。バンクス一家が、窮地に追いやられる中・・風に乗って彼らの元に舞い降りてきたメリーが起こす奇跡が描かれます。気になるキャスト陣は・・?

83 view お気に入り 0

ディズニー映画『メリー・ポピンズ リターンズ』

ウォルト・ディズニー・ピクチャーズの新作映画「メリー・ポピンズ リターンズ」が、公開されることが明らかになりました。
 (95104)

同作は、ディズニーの名作「メリー・ポピンズ」の続編。
本作は、パメラ・L・トラヴァースの小説『メアリー・ポピンズ』を基に、1964年に公開されてアカデミー賞13部門ノミネート、5部門を受賞した映画『メリー・ポピンズ』の続編。
▼「メリー・ポピンズ」が公開されてから54年後・・今年のクリスマスに、ついに全米公開!
 (95108)

(左)ディック・ヴァン・ダイクとジュリー・アンドリュースが演じた「メリー・ポピンズ」(1964)

「メリー・ポピンズ 50周年記念版」MovieNEX予告編

同作は、パメラ・L・トラヴァースの児童文学『メアリー・ポピンズ』を原作に1964年にウォルト・ディズニー・カンパニーが製作したミュージカル映画『メリー・ポピンズ』の続編。
 (95119)

(左)1964年に主人公のメリー・ポピンズを演じたジュリー・アンドリュース。
(右)最新作で主人公を演じるエミリー・ブラント。
▼また、主人公・メリー・ポピンズのビジュアルを使用したティザーポスターも到着。
解禁されたポスタービジュアルは、赤い帽子を目深にかぶり、穏やかな笑みを見せるメリー・ポピンズの姿を収めたもの。

前作から「20年後」が舞台

物語の舞台は、前作(1964年版映画)から「20年後」の大恐慌時代のロンドン。

Mary Poppins Returns Official Teaser Trailer

43 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

『モアナと伝説の海』クレメンツ&マスカー監督来日「千と千尋の神隠し」湯婆婆との対面に感激

『モアナと伝説の海』クレメンツ&マスカー監督来日「千と千尋の神隠し」湯婆婆との対面に感激

2016年、ディズニー映画第56作品目『モアナと伝説の海』の製作が発表されました。ディズニーアニメ史上初めてポリネシア系女性を主人公とした海洋冒険作品とのことで注目が集まっています。その監督を務めたクレメンツ&マスカー氏が来日しました。2人は出迎えた夏木マリさん(アカデミー賞に輝いた宮崎監督の『千と千尋の神隠し』で湯婆婆の声優)に感激したそうです。日本では3月10日(金)全国ロードショーとなる『モアナと伝説の海』の最新情報を紹介します。
VSファッションショーの目玉「ファンタジーブラ」お披露目!今年は”北欧が生んだ妖精”が着用

VSファッションショーの目玉「ファンタジーブラ」お披露目!今年は”北欧が生んだ妖精”が着用

今年も開催される米ランジェリーブランドによる「ヴィクトリアズ・シークレット」ファッションショー。毎年恒例、ショーの”目玉”となる超高額ランジェリー“ファンタジーブラ”と着用するモデルも、ついに発表されました!今年は、スウェーデン人モデルが抜擢。取材に対し、同ブラを初めて着用した瞬間について喜びのコメントとは?制作に、930時間が費やされたという、そのファンタジー・ブラの詳細もチェックしてみましょう
任天堂が、勝訴!公道カート「マリカー」に賠償命令・今後は”マリオのコスプレ”レンタル禁止へ

任天堂が、勝訴!公道カート「マリカー」に賠償命令・今後は”マリオのコスプレ”レンタル禁止へ

任天堂は、9月27日、渋谷などの繁華街で”公道レンタルカート業”を行う「株式会社マリカー」に対し、東京地裁の判決により、勝訴したことを発表。「マリカー」は主に外国人観光客向けのサービスで、公道で運転するために、カート貸し出していたのですが、近年はYouTuberなどの間でも、多くの実況動画が投稿されており、子供から大人まで広い層に支持されていました。今回の判決で、”マリカー”の今後については・・?
全米が沈黙・・新感覚ホラー「クワイエット・プレイス」日本上陸!著名人もSNSで絶賛コメント

全米が沈黙・・新感覚ホラー「クワイエット・プレイス」日本上陸!著名人もSNSで絶賛コメント

全米で4月に公開され、ホラー映画では類を見ない大ヒットを記録した「クワイエット・プレイス」が、日本で間もなく公開されます。音に反応して人を襲う“何か”によって荒廃した世界で、1組だけ生き残った家族。“決して音を立ててはいけない”というルールを守りながら3人の子供を育てる母親に、実力派女優エミリー・ブラントが演じ、その夫に彼女の実の夫ジョン・クラシンスキーが監督も務める本作。早速、続編のニュースも!
ABBAの大ヒット・ナンバー満載の映画「マンマ・ミーア!」続編が10年の時を経てカムバック

ABBAの大ヒット・ナンバー満載の映画「マンマ・ミーア!」続編が10年の時を経てカムバック

全世界でロングランヒットを記録した舞台を、ミュージカル映画化した「マンマ・ミーア!」その続編が、10年の時を経てついに誕生!続編のタイトルは「マンマ・ミーア! ヒア・ウィー・ゴー」。前作に引き続き、スウェーデンのポップ・グループABBAのヒット曲で構成されるようです。前作で観客を魅了した「ダンシング・クイーン」や「マンマ・ミーア」はもちろんのこと、前作では登場しなかった名曲も新たに登場するようです

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

SOCIALZINE編集部まりんちゃん SOCIALZINE編集部まりんちゃん


おすすめの記事

今注目の記事