2017年10月11日 更新

残業は自分で減らすもの?|仕事を先延ばしするのも一つのスキル

ニュースでもたびたび取り上げられる残業問題。なぜ日本では残業が減らないのでしょうか。ドイツで通算20年のビジネス経験を持つ隅田貫氏が紹介する「ドイツ人の時間管理」を抜粋し、日本人として学ぶべきことを見ていきます。

20 view お気に入り 0

残業大国ニッポン

Free photo: Work, Chinese, Industrial - Free Image on Pixabay - 1000618 (56784)

働き方改革が声高に叫ばれながらも、実情として残業が減っている様子はあまり感じないのが現状。
ニュースでも残業過多による悲惨な出来事が連日放送されています。

残業の削減というのは、企業側だけが努力するべきものなのでしょうか。
ここでは、ドイツ人が実践する仕事を先延ばしするスキルに関してみていきましょう。

時間を自分でコントロールするのがドイツ人

ドイツには「Pünktlichkeit ist alles(時間厳守がすべてだ)」という格言があるぐらい、時間には厳しい民族です。
Free photo: Control, Work, Official, Form - Free Image on Pixabay - 427510 (56786)

ビジネスでも始業時間ピッタリに来ない人はいても、商談やミーティングなどは時間どおりに始まります。
時間に関する考え方や厳しさは、日本のそれと同じ感覚を持っているドイツ人。
では、どこに違いがあるのでしょうか。

時間は自分で管理する。

「忙しかったから、できなかった」は日本人がよく使う言い訳です。日本ではそう言われたら、「それなら仕方ないね」で済ませますが、ドイツでこの言い訳を使っても通用しません
その日に忙しくなるのがわかっているなら、そうならないように時間をやりくりするのがドイツ人。プライベートでもダラダラ時間を消耗するということはありません。

本当に必要な仕事か、そうでないか。

たとえば、今日は10の作業をすることが決まっていた。ところが、夕方になって上司から突然、「ごめん、明日の会議に必要な資料を、至急作ってもらえるかな」などと言われ、作業が増えてしまう。こういう場合、日本人は10の仕事に緊急の仕事を加えます。場合によっては、長時間の残業をして仕事を片づけます。
ドイツ人はどうでしょうか。私の経験では、当日予定していた仕事の優先順位を見極めて、優先順位の比較的低い仕事は極力、翌日以降に回すよう力を尽くします。
ワークライフバランスのワークを重視するか、それともライフを重視するか。
それによって、その日の仕事に対する考え方や接し方も変わるということである。

仕事に優先順位をつけ、取捨選択し、必要なことをする。
何でもかんでも仕事だからやらなければならない、という考え方が、
残業に対しての真剣な取り組みを邪魔してしまっているようにも感じます。

明日に先延ばしても、特に問題は起きない。

27 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキュレーター

山岡ソースケ 山岡ソースケ