2017年4月27日 更新

学歴コンプレックスは克服できる!?もう悩まないためにできること

学歴にコンプレックスはありますか? 以前より学歴重視ではない社会になったと感じるかもしれませんが、それでも 上司や先輩、同僚や後輩に高学歴の人がいると自分との違いに、自信を無くし、 高学歴に憧れを抱いている人も多いのではないでしょうか? 学歴に負い目を感じても、すぐには取返しのつかないもの。 でも行動を少し変えるだけで知的に見え、一目置かれるかもしれません。

216 view お気に入り 0
学歴がある・ないというあからさまな差別は昔ほど無くなりつつあるものの、個々人の“学歴コンプレックス”は根強く残っており、高学歴への憧れや嫉妬は未だに健在である。
企業社会においては、実質的な価値はないとされているものの、信奉している層も根強くいる。ですから、強いコンプレックスを感じる人も少なくないのです。
気にしないという人もいれば、学歴が気になり自信が持てず
人間関係に支障がでるという人もいるのが学歴コンプレックスだと思います。
学歴のことをどう感じていますか?
Free photo: Person, Young, Sitting, Hiding - Free Image on Pixabay - 2244036 (19716)

コンプレックスって悪いもの?

学歴にしろ、容姿にしろ、コンプレックスとは「鏡」のようなモノなのではないかと思い至ります。
コンプレックスはどれだけ自分が「ここが劣っている」と思い込んでいても、周囲の人がそのことに興味がなかったら成立しません。
自分がコンプレックスだと感じるところは
思っているほど周りは気にしていないかもしれませんね。
自分がコンプレックスに感じるがあまり、他の人に対しても
その部分に注目し、評価していませんか?
劣っているところは本当に優れる必要があるのか、考えてみると良いかもしれません。
Free photo: Disappointed, Man, Sad, Boy - Free Image on Pixabay - 2167435 (19731)

コンプレックスについては、「いつまでもそんなものにとらわれてないで、努力して克服すべき」という声もあれば、「それをバネにして大きな事を成し遂げればいい」という意見もあります
コンプレックスがあることは悪いことでは無く、
大切なのはどう捉えるかです。
コンプレックスがあることは逆に言うと
飛躍できるバネを持っていること。
コンプレックスを自分の成長にいかしませんか?

学がなく見える見た目とは?

顔が整っているとかそういうことではなく、清潔感や服装のことである。それは、誰でも気をつければ整えることができる。
また、支払いの時にお金をトレイに放り投げたり、言葉が汚かったり、声が大きすぎたり、態度が大きいなども、学がないと認定されてしまうのだ。
Free illustration: Fight, Quarrel, Criticize, Oppose - Free Image on Pixabay - 1899082 (19735)

人に不快な思いを与える人は誰でも嫌ですよね。
不快な思いをさせる人は
「自分がよければそれで良い」と周りが見えなくなっていると言えます。
想像力を働かせ、相手の気持ちを考える姿勢を持つことが、周りからの印象を変えることに繋がるのではないでしょうか。

知的に見えるためにはどうすれば良いか?

小綺麗な格好や丁寧な行動を心がけることで学があるように見えるのだ。
会話の内容で学がないことが露呈しないよう、一般紙や経済紙と呼ばれる新聞を読むようにして知識を蓄えれば完璧である。
22 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキュレーター

高野葵 高野葵