2019年2月28日 更新

2019年「アカデミー賞」授賞式は異例づくし!予想外の結果&”オスカーNo.1”スピーチは?

第91回目となる「アカデミー賞」(通称:オスカー)授賞式が、2月24日(米時間)に、ロサンゼルスのドルビー・シアターにて開催されました。中でも注目を集めた「主演男優賞」「主演女優賞」「歌曲賞」「作品賞」の4部門を詳しくまとめます。今回は、30年ぶりに司会者不在、前哨戦では読み切れなかった”予想外の結果”など・・波乱が起こった様子。必見!受賞者の中のスピーチで”オスカーNo.1”をさらった人もご紹介

366 view お気に入り 0
 (107806)

私はミュージシャンだから、かもしれないけど口パクの映画を見ると、急にストーリーに入り込めなくなるの。
そこで、監督ブラッドリー・クーパーに相談をしたのだそうです。
 (107808)

今回、私もブラッドリーもパフォーマンスシーンは全部ライブで撮りたいというこだわりをもっていたので、テイクは全て生演奏しているのよ。
▼監督&主演を務めたブラッドリー・クーパー(44)とパフォーマンスを披露していました。

The Oscars: Shallow (Live) Lady Gaga & Bradley Cooper

主演女優賞

主演女優賞を獲得したのは、映画『女王陛下のお気に入り』のオリヴィア・コールマン。
 (107810)

実は、アカデミー賞の「主演男優賞」と「主演女優賞」は、先に行われた「ゴールデングローブ賞」の結果から2人に絞られることになっていました。
 (107782)

『女王陛下のお気に入り』のオリヴィア・コールマンはゴールデングローブ賞の「ミュージカル・コメディー部門」の主演女優賞に輝き、

『天才作家の妻 40年目の真実』のグレン・クローズが「ドラマ部門」での主演女優賞を獲得していました。

アカデミー賞のノミネートは初めてだったオリヴィアに対して、グレンは今回で7度目、まだ受賞していなかった。そのため「グレンが受賞するのでは」と予想されていたのである。
しかし発表された名前は、オリヴィアでした。
 (107811)

オリヴィアは名前を呼ばれると驚き、隣に座る夫と反対側に座っていた共演者のエマ・ストーンらからキスの嵐・・・!

エマも感極まって「オーマイゴッド」と何度も連呼。
95 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

2019年「アカデミー賞」授賞式で”伝説ジュエリー” 復活!最も絶賛されたベストドレッサーは?

2019年「アカデミー賞」授賞式で”伝説ジュエリー” 復活!最も絶賛されたベストドレッサーは?

ノミネート作品や受賞者にダイバーシティ(多様性)が反映された今年の「アカデミー賞」授賞式。毎回、話題になるのが、スターたちが、どんなジュエリーを身に着け、どんなドレスで登場するのか、ということ。最注目されていたレディー・ガガ。意外にも黒のシックな装いだった理由は?男性陣で注目を集めた人は?今年はパンツ・スーツを採用する若手女優も多い傾向に。話題となったハリウッドのトレンド色やファッションを一挙公開
開催間近!音楽の祭典「グラミー賞」今年のテーマは“多様性” いま最注目アーティスト・楽曲は?

開催間近!音楽の祭典「グラミー賞」今年のテーマは“多様性” いま最注目アーティスト・楽曲は?

世界最高峰!音楽の祭典「グラミー賞」が間近に迫っています。第61回(2019年)となる今回の授賞式は、2月10日、日本時間11日に開催。近年のアメリカで重要視されているのが“Diversity(多様性)”というテーマ。グラミー賞にも大きな影響を及ぼし、今回は幾つかの変更点が生じています。グラミー賞主要4部門を中心に、今最も注目アーティストや楽曲などをチェックして、来る授賞式を楽しみにしていましょう
ジャンル・世代も超えて愛される「QUEEN」フレディ・マーキュリーの伝説映画がついに初上陸

ジャンル・世代も超えて愛される「QUEEN」フレディ・マーキュリーの伝説映画がついに初上陸

11月9日に全国公開を控えた話題の映画「ボヘミアン・ラプソディ」。伝説のロックバンド「クイーン」の知られざる真実を描いた本作。1991年に、リードボーカルのフレディ・マーキュリーが死去してからも、残されたメンバーによる活動は断続的に続いており、2001年には、ロックの殿堂入りをしました。今なお、世界中で愛され続けるクイーン。予告編や豪華アーティスト陣からのコメント映像を通して見どころポイントを解説
「第61回グラミー賞」授賞式開催!日本人クリエーター作”アメリカ社会の風刺”MVが最優秀獲得

「第61回グラミー賞」授賞式開催!日本人クリエーター作”アメリカ社会の風刺”MVが最優秀獲得

「第61回グラミー賞」が、2月11日(日本時間)に開催されました。今回、最多受賞となったのは4部門で受賞したチャイルディッシュ・ガンビーノと、ケイシー・マスグレイヴス。次いで3部門で受賞したのは、レディー・ガガとブランディ・カーライル。また、最優秀新人賞を受賞したのはデュア・リパ。日本で特に話題となったのが、東京都出身のヒロ・ムライの最優秀MV部門。彼がMVを監督したガンビーノの楽曲への思いとは?
高評価と各賞からの注目「アリー」主演の歌姫ガガからクリスマスコメント!最大の見どころは?

高評価と各賞からの注目「アリー」主演の歌姫ガガからクリスマスコメント!最大の見どころは?

俳優のブラッドリー・クーパーが初監督を務め、映画初主演を飾った世界的歌姫レディー・ガガが、往年のシンデレラストーリーを再映画化した「アリー/ スター誕生」が先日、公開され大反響のようです。同作は3度目のリメイクとなるサクセスドラマ。クリスマス・イブに、ガガから日本のファンに向けてメッセージも到着!昨年のヴェネチア国際映画祭でお披露目されて以降、高評価と各賞の注目も尽きない今作にクローズアップします

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

SOCIALZINE編集部まりんちゃん SOCIALZINE編集部まりんちゃん