2017年4月1日 更新

ドラマ版に好意的な声「笑う招き猫」は胸アツな感動作!体張った松井玲奈と清水富美加のW主演|面白さ抜群!お蔵入りせず、良かった

清水富美加と松井玲奈がW主演した青春ストーリー「笑う招き猫」。キャストに関しての騒動ばかりが先行して報じられていますが、映画の公開に先駆けて、3月19日からはテレビドラマシリーズの放映がスタートしました。同ドラマは、4月29日に公開される映画に先駆けて作られた全4話のテレビシリーズです。バラエティ要素の強いドラマで、清水と元SKE48の松井玲奈が売れない女性漫才師の友情を描いた作品となっています。初回の放送後には、SNS上にドラマの感想の投稿も多く見られ、好感度も良く、映画公開にも期待が盛り上がっています!

271 view お気に入り 0
清水富美加と松井玲奈がW主演した青春ストーリー『笑う招き猫』(4月29日公開)。キャストに関しての騒動ばかりが先行して報じられていますが、ドラマ・映画とも通常運行とのことです。
 (13714)

『笑う招き猫』は4月29日(土)から公開

松井玲奈(左)と清水富美加
第16回小説すばる新人賞を受賞した山本幸久の同名小説を『荒川アンダー ザ ブリッジ THE MOVIE』(2012年)や『大人ドロップ』(2014年)の飯塚健監督が映画化した本作です。
 (13833)

結成5年目の売れない女性漫才コンビ“アカコとヒトミ”を主人公に、彼女たちがお笑いの世界で奮闘し、挫折を味わいながら夢を追う姿を描く青春ストーリー。
また到着した予告編では、アカコとヒトミのケンカ風景から始まり、衝突を繰り返しながらも周囲の人たちとの関わりの中で成長していく2人の姿が映し出されています。

4月29日(土・祝)公開!映画『笑う招き猫』予告

劇中で清水富美加が演じるのはOLをやめて漫才師に転身したヒトミ。松井玲奈演じる相方のアカコが繰り出すトリッキーなボケに対し、つっこむ姿は、口調や間から抜群の説得力を感じられ、どこからどう見ても漫才師。
 (13720)

『笑う招き猫』に出演している清水さん
同時に公開となったドラマ版の予告では、映画版とは一味違う、2人が様々なことにチャレンジする様が面白おかしく描かれています。

そしてどちらにも「Mrs. GREEN APPLE」の楽曲が挿入され、物語を一層盛り上げてくれているようです。
アカコと時には全力でぶつかり合いながらもひたむきに人気漫才師を目指す様には、“夢追い人”の本気度が充満。見ているこちらも胸が熱くなるほど感動的だ。
 (13721)

松井さんが演じるのはトリッキーなボケを繰り出すアカコ

清水富美加主演ドラマに苦情なし MBSが説明

映画の公開に先駆けて、3月19日からはテレビドラマシリーズの放映もスタートしました。
同ドラマは、4月29日に公開される映画「笑う招き猫」に先駆けて作られた全4話のテレビドラマシリーズです。バラエティ要素の強いドラマで、清水と元SKE48の松井玲奈が売れない女性漫才師の友情を描いた作品となっています。
 (13834)

MBSの4月の改編発表が24日、大阪市内の同局で行われ、19日から放送されている「幸福の科学」に出家した女優・清水富美加主演のMBSのドラマ「笑う招き猫」について、視聴者から批判や苦情は寄せられていないことが明かされました。
41 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

SOCIALZINE編集部まりんちゃん SOCIALZINE編集部まりんちゃん