2017年12月29日 更新

キャベツの値段がとにかく高い!|今年、野菜が高騰している理由

先日スーパーに買い物に行った時、衝撃的な出来事があった。とにかく野菜の値段が高い!キャベツやなんやらが、前見た時の倍以上の値段になっている。なぜそのような事態になったのか。理由を探ってみました。

8,778 view お気に入り 0

2017年、なぜ野菜は高騰したのか?野菜高値の理由と原因

Free illustration: Questions, Demand, Doubts - Free Image on Pixabay - 1922477 (71131)

野菜が高値になる原因はいくつかあります。

天候不順で生育が悪いとき、または、収穫できないとき
災害により「産地」が打撃を受けたとき
輸送経路でトラブルが発生したとき

主にこのような原因で「野菜の高値」は起こります。
2017年に、トマトやレタス、キャベツやキュウリなどの価格が軒並み高騰したことには、どんな理由があったのでしょう?

その原因となったのが…

長続きした雨、そして日照不足

です。
そう、とにかく今年は雨が多かった。

関東では、今でこそ良い天気が続いているが、

2017年8月は、東京では連続降雨日数が21日を記録するなど、とにかく毎日のように雨だった。

それ以外にも仙台で7月22日から32日連続の降雨を記録したり、天気が悪い日が多すぎたのは記憶に新しい。

その影響が今になって出てきているわけだ。

日照時間が短かったり、雨が多いと野菜はどうなってしまう?

Free photo: Sunset, Sun, Clouds, Sea, Dusk - Free Image on Pixabay - 3043311 (71132)

播種(種まき)したばかりの野菜が、雨などで流される。
定植(植え付け)したばかりの苗が枯れる。
生育途中の野菜が、日照不足や雨により受粉しないで実がつかない。
収穫直前の野菜が病気にかかる。または腐る。
とまぁこんな感じで太陽と野菜の関係性は非常に重要で、晴れないと、何もかもがうまく行かなくなってしまうようだ。

追い打ちのようにやってきた「台風」

Free photo: Typhoon, Eye, Close Up, Maysak - Free Image on Pixabay - 1650677 (71133)

2017年10月は半月に及ぶ長雨の後台風21号の接近上陸、そして10月末には「台風のたまご」から正式な台風になった台風22号の日本列島への接近が予想されています。
そう、地味に今年は台風の上陸も多かった。列島横断、みたいな台風も何度かあったように記憶している。

そうすると何が起きるか…
台風は、接近し始めてから通過するまでの長期間にわたって雨が降ります。
台風の影響で局地的豪雨が起こり畑が冠水する場合もあります。

万が一、冠水してしまうと土が混ざった泥水に野菜が浸かり、腐敗や病気が蔓延する原因になります。

2016年、北海道に畑が冠水し、甚大な被害が出ました。
まぁ…そうなりますよね。

そう考えると、本当に今年は野菜にとってやさしくない季節だったんだということがわかります。
22 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

【ださいたま】なぜ埼玉県はここまでバカにされてしまうのか?10個の理由

【ださいたま】なぜ埼玉県はここまでバカにされてしまうのか?10個の理由

今や自虐ネタとしても流行している埼玉の【ださいたま】事件。とはいえ、電気も水もないような田舎というわけではないですし、都会的な場所もあるはずのこの場所が、どうして全国民からバカにされるのか。そこには10個の理由がありました。
山岡ソースケ | 7,404 view
何が楽しいのか分からない!?|ハンドスピナーが売れた理由

何が楽しいのか分からない!?|ハンドスピナーが売れた理由

ハンドスピナーが売れている。類似品が多数つくられ、店舗によっては品薄状態、というところもあるようだ。しかし思う。「えっ?回るだけのおもちゃ、欲しい?」と。客観的に見るとどうしてもそう考えてしまいがちなこのおもちゃだが、実はそこには売れるカラクリが潜んでいました。
山岡ソースケ | 614 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

山岡ソースケ 山岡ソースケ