2017年11月18日 更新

今こそ見直したい「手書き」がもたらす7つの効能|今のメモが将来価値を上げる可能性

デジタル社会の今、スピードや利便性を考えればパソコンで記録をとるのは主流とも言えます。しかし、今だからこそ見直したい「手書き」の効果。そしてどんなメモでも時間がその価値を上げる「時間的不整合性」からも、今のメモが1年後の大きなビックアイディアになっているかもしれません。ほんの少しでもいい「手書き」がもたらす7つの効能をご紹介します。

930 view お気に入り 0
Free photo: Writing, Pen, Man, Boy, Male, Ink - Free Image on Pixabay - 1149962 (64926)

どの教室に行っても、どの会議室に言っても、「カタカタ……」パソコンのキーボードを打つ音が、必ず室内で幾つも音が重なりあって聞こえてきます。パソコンで記録すると内容のモレは少なく、タイプできる文字数も多く打てます。議事録を取っておく、共有ファイルにしておくなど、仕事ではほとんどがパソコンを利用しているでしょう。
しかし、パソコンにはない手書きの効能が凄いのです。ただのメモでもかまわないという、手書きの効能7つをご紹介します。

まずは、面白い記録しておくことによる「時間が価値を高める事例」からご紹介いたします。

たった一行でもいいから今日起った出来事を書き留めておくと、それが将来どう“化ける”かわからないという。何気ない日常の短い記録が将来に貴重な発見をもたらしてくれるかもしれないのだ。
Free photo: Rainbow, Hand, Beautiful - Free Image on Pixabay - 2523908 (64934)

時間的不整合性(time inconsistency)

①あなたなら、今この場でどちらを選びますか?
A.今すぐ「100万円」をもらう  B.3年後に「200万円」もらう
もちろんそれぞれの考え方次第だが、今すぐ100万円を受け取りたいと考える向きが多いかもしれない。その場合、たとえ倍額がもらえるにしても3年間という期間がそれを打ち消しているのだ。
Free photo: Time, Clock, Alarm Clock, Time Of - Free Image on Pixabay - 2825832 (64941)

では、②この場合はどちらを選ぶでしょうか。
A.10年後に100万円をもらう  B.13年後に200万円をもらう
これも同じく、2つの選択の間のギャップは3年である。こちらのケースでは、どうせ10年以上待つのであれば、もう3年余計に待って倍額を手にしたほうが得だと考える人のほうが多くなるかもしれない。

①と②の違い→つまり「3年間」の価値が変化したことになる。

Free photo: Time, Clock, Alarm Clock, Time Of - Free Image on Pixabay - 2825962 (64942)

このように時間が経過することで価値が変わってまい、意思決定に矛盾が生じてきてしまうことを「時間的不整合性(time inconsistency)」という。ある物事についての現在の評価が、将来においても同じであるとは限らないということだ。
そして、我々は今の生活の些細な出来事を過小評価しすぎていると指摘しているのが、ハーバードビジネススクールの心理学者、ティン・チャン氏らの研究チームだ。
43 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

ビジネス成功者には「疑う力」がある|新しい発見とチャンスを掴む“疑う能力”の鍛え方

ビジネス成功者には「疑う力」がある|新しい発見とチャンスを掴む“疑う能力”の鍛え方

ジョブスのようにイノベーションを起こし、ビジネスで成功するために必要なのは「疑う力」。疑う力は、リスクに備え、潤滑な対人関係、そして人生の大きなチャンスをつかむことができるそうです。しかし日本の教育では「正しく疑う能力」が育たないのです。これからでもできる「正しい疑う力」の身につけかたをご紹介します。西洋哲学の“エポケー”、そして広告業界の“ブレスト文化”がヒントになります。
SOCIALZINEの志水 | 1,787 view
毎日50個のアイデアが生まれる「アイデアマラソン」ノート|具体的思考のトレーニング

毎日50個のアイデアが生まれる「アイデアマラソン」ノート|具体的思考のトレーニング

無数にアイデアが毎日飛び出したら、それだけでビジネスの社会で活躍できそうです。ここに、毎日たった15ー30分行う事からスタートしていけば、1日50個のアイデアも可能かもしれません。具体的思考のトレーニングと言われる「アイデアマラソン」は、樋口健夫博士が考案したオリジナル発想法。とにかく簡単に緩く始められそうですよ。
SOCIALZINEの志水 | 3,179 view
年収の高い人は「勉強」時間を確保|毎日30分確保と記憶の定着方法

年収の高い人は「勉強」時間を確保|毎日30分確保と記憶の定着方法

ビジネスパーソンはとにかく「時間」がありません。しかし、やるべきことだけをしていては、仕事のステップアップは望めません。社会人になると学ぶということ欲張りになる人と、全く手をださない人もいますが、実際に年収が高い人は、勉強する時間を確保しているという数字がでているのです。今回はこの大事な最低の貴重な30分を、どのようにとればいいのか。とった30分を最大限に記憶するとっておきの方法をご紹介します。
SOCIALZINEの志水 | 2,254 view
運について“本田健氏”「幸せになりたいなら強運はダメ」|目指してはいけない3つのダメ

運について“本田健氏”「幸せになりたいなら強運はダメ」|目指してはいけない3つのダメ

「ユダヤ人大富豪の教え」他、書籍を手掛ける本田健さんが、「運」について話しています。私たちは、運といえば、それは「強運」を望みますが、本当に幸せになりたいなら強運はダメだといいます。そして、運を味方につけられる考え方は、高望みはダメ、強運はダメ、そしてもうひとつは?3つのダメをご紹介いたします。
SOCIALZINEの志水 | 791 view
ビジネスに活かす「色」の効果的な使い方|ビジネスマンの武器“色”の力

ビジネスに活かす「色」の効果的な使い方|ビジネスマンの武器“色”の力

「色の効果」を取り入れているビジネスパーソンもいますが、あなたはどうでしょうか?普段の仕事や生活で意識したことはありますでしょうか。色が与える影響は、想像以上に大きなイメージを与えることがあります。ここぞというときの「勝負」、相手に印象を強くするときや、説得したいときなど、自分のライフスタイルに合わせて上手に活かせるかもしれません。
SOCIALZINEの志水 | 873 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

SOCIALZINEの志水 SOCIALZINEの志水