2019年1月4日 更新

2019年1月”新春ドラマ”「期待度ランキング」TOP5発表!見どころ、今年の人気傾向も解説

2018年も残りわずか・・今年は何かと話題の”平成最後”。今回の冬ドラマもいよいよ最後ですが、年明けからは新しく連続ドラマが続々とスタートします。数多く放送される中から、開始前の段階で、視聴者は、どんなドラマが気になっているでしょうか?冬の民放連続ドラマの中で「最も期待する作品」ランキングをまとめていきます。各ドラマの見どころや、今回の新春ドラマの傾向についてもまとめるので参考にしてみてくださいね

1,085 view お気に入り 0
18年1月クールの期待度調査で、『隣の家族は青く見える』(フジテレビ系)が2位になった際も、主演・深田への支持の声がほとんどを占めていたが、あらためて彼女の人気が伺える。

3位:『3年A組 ―今から皆さんは、人質です―』

3位は、菅田将暉さんと永野芽郁さん共演のドラマ『3年A組 ―今から皆さんは、人質です―』(日本テレビ系)。2019年1月6日から毎週日曜22:30~ ※初回は22時~放送。
卒業を10日後に控える高校3年生29名を人質に取った美術教師・柊一颯(ひいらぎいぶき)の“最後の授業”を描く学園ミステリー。
柊を菅田、ある事件をきっかけに心を閉ざした女子生徒・茅野さくらを永野が演じる。
脚本には、「仮面ライダービルド」、「クローズZERO」、「テルマエ・ロマエ」などを手掛ける武藤将吾さん。↓↓↓
アンケート調査の結果、こんな期待の声が↓↓↓
「菅田将暉さんが好きなので」(40歳女性)という意見が並ぶ中、ほとんどが「タイトルに興味を引かれた」(49歳男性)、「タイトル的に一番気になったから」(23歳女性)と、期待をそそるタイトルに関心を示して1票を投じている。

2位:『刑事ゼロ』

2位は、沢村一樹さんを主演に迎えた、テレビ朝日のドラマ枠「木曜ミステリー」の新シリーズとなる連続ドラマ『刑事ゼロ』。
 (104174)

主演を務める俳優の沢村一樹さん。

同ドラマは、 20年間の記憶を失ってしまった沢村さん演じる刑事が難事件を解決していくミステリー。
新シリーズは、20年間の記憶をなくしてしまった刑事が活躍する内容で、沢村さんは京都府警捜査1課に所属する刑事、時矢暦彦(ときや・れきひこ)を演じる。
82 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

実写「帝一の國」予告編ついに解禁!ふんどし太鼓や切腹を試みる|主題歌はクリープハイプ書き下ろし”イト” 菅田将暉「泣きそう」に

実写「帝一の國」予告編ついに解禁!ふんどし太鼓や切腹を試みる|主題歌はクリープハイプ書き下ろし”イト” 菅田将暉「泣きそう」に

4月29日から公開される実写映画「帝一の國」の予告編が公開されました。同作品は、中高一貫制の名門私立男子高を舞台に、生徒会長の座を巡る政権闘争を描いた物語。海帝高校に入学した赤場帝一が、生徒会長の座を狙って奮闘する様を描く古屋兎丸の同名漫画が原作となっています。主題歌に起用されたのは、クリープハイプによる書き下ろしの新曲“イト”。また同映画の番外編が、「ジャンプスクエア」で1年ぶりに復活するなど、要チェック作品としてあがっています。
2019年”最注目”話題沸騰・音楽アーティスト3組をピックアップ!ライブパフォーマンスも必見

2019年”最注目”話題沸騰・音楽アーティスト3組をピックアップ!ライブパフォーマンスも必見

1月9日に放送された「スッキリ!」のHARUNAまとめコーナーにて、2019年「注目アーティストまとめ」が特集。謎めいた魅力で人気急上昇中の「Uru」、業界最注目4人組バンド「King Gnu」、そしてジャンルの垣根を越える話題シンガー「ビッケブランカ」が紹介されました。今年は是非とも聴いてみたい注目アーティストの楽曲の紹介・聴きどころなどもまとめていきます。TV初!直筆の手紙でインタビューも必見
平成最後の「ネットニュースランキング 2018」発表!今年、最も活躍が注目されたタレントは?

平成最後の「ネットニュースランキング 2018」発表!今年、最も活躍が注目されたタレントは?

メディアの調査・測定を行う企業は12月12日、「Yahoo!トピックス」と「LINE NEWS」を対象にした『2018タレントネットニュースランキング』を発表しました。”平成最後”となる今年。一番ネットで”話題になった有名人”は・・?映画やネットだけでなく、TVやメディアなどでも有識者として発言が注目された”あの人”もランクインしたようです。そんな話題となった人の最近のエピソードもまとめてゆきます
新年の挨拶はスマホかSNS?変化する日本の慣習”来年から出さない”予告「終活年賀状」が話題

新年の挨拶はスマホかSNS?変化する日本の慣習”来年から出さない”予告「終活年賀状」が話題

”平成最後”となる今年。年賀状の販売が開始しました。さて、その年賀状が年々と頭を悩ませる問題に?実際、長年親しんできた年賀状のやりとりについて考える人は多く、お墓の整理、金融関係の整理、死ぬまでにやりたいことを叶えていくなどの「終活」に加え、そのあらたな形態として、今「終活年賀状」が注目を集めているようです。人間関係を整理したいから?高齢のため?事例を通して、その理由や方法についてまとめていきます
2018年「インスタ流行語大賞」を発表!約40万語から”厳選人気20ワード”と解説を一挙公開

2018年「インスタ流行語大賞」を発表!約40万語から”厳選人気20ワード”と解説を一挙公開

今年もあと残すところとなり、平成最後の年末を迎えます。2018年はSNSの中でもインスタグラムの利用者が、より急増して、若者を中心に“インスタ映え”という言葉が、より使われた一年となりました。SNSマーケティングを手がける企業が、インスタで若者を中心に使用されたワードの内、約40万語の中から「インスタ流行語大賞」として”20ワード”を発表!その厳選した人気ワードと、その意味の解説と共にご紹介します

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

SOCIALZINE編集部まりんちゃん SOCIALZINE編集部まりんちゃん