2017年2月3日 更新

仕事でつい出てしまう「言い訳」をやめる方法|“悪いクセ”理由と説明は言い訳と違う

気をつけていても、仕事でつい出てしまう要らぬ事は、幾つかありますね。今回は、“成功”や“成長”までも妨げる危険な癖の代表ともいえる「言い訳」を考えてしまう悪い癖を取り上げます。わたしは「言い訳なんてしません」そう思う人の中にも、「ほら、それが言い訳ですよ」というものがあります。言い訳と理由・説明は違うということに、気が付かない人にもなりたくないですね。少し気になる「言い訳」を、やめる方法を取り上げてみます。

666 view お気に入り 0
Free photo: President, Not Care, Public, Adult - Free Image on Pixabay - 1822449 (3201)

「こんなことじゃダメだ!」とわかってはいても、ついついやってしまうこと、誰にでもありますよね。そんな悪い習慣は、今年限りで断ち切りましょう。

つい言い訳を考えてしまう

言い訳って、かなり高度な知恵を使いますよね。遅刻したのは単なる寝坊なのに、電車を遅らせてみたり、家族を病気にしたり、別のトラブルを作ってみたり……。
ましてや仕事がうまくいかなかった言い訳としようとすると、さらに複雑な思考をすることになります。
Free photo: Argument, Conflict, Controversy - Free Image on Pixabay - 238529 (3203)

あの人はいつも「言い訳する人」と言われる人。
しかし、気が付かないことも多いのは、そんな人だということも、
その人自身が知らないという危険なレベル。

そうして、相手には「怒り」を与えてしまうことも珍しくないものです。
しかし、相手の批判から身を守るためにさらに説明を重ねるほど、関係は悪化の一途をたどるため注意が必要です。
どうせ頭を使うなら、建設的に知恵をしぼってみましょう。
Free illustration: Excuse Me, Balloon, Parrot, Ara - Free Image on Pixabay - 1848722 (3204)

「だって……だから」と、言いたくなる本当の原因は?

自分のミスを叱責されたとき、あなたはどんな風に感じますか? 不安感やモヤモヤした気持ち、そして相手から嫌われるのでは……なんて恐怖心を抱く方もいるかもしれませんね。
正直に、誰だってミスはしたくありません。
完璧とまでいかなくても、ミスによる自分の姿は見るに耐えないものです。
そんなことは、いくつになろうとも、子どもでも大人でも

「恥ずかしい」「どうしよう」と思います。
実は言い訳とは、こんな自分の感情を落ち着かせるために口にしてしまうものなのです。
Free illustration: Fight, Quarrel, Criticize, Oppose - Free Image on Pixabay - 1899082 (3202)

54 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

あなたの脳「自動思考」を書いて整理|ストレス、不安、疲れた時こそ要注意 

あなたの脳「自動思考」を書いて整理|ストレス、不安、疲れた時こそ要注意 

疲れているのか、寝不足なのか、原因がわからないけど「モヤモヤ」「イライラ」なにか引っかかることがある日。たまには、そんな日もありますね。もしかして頭ではわかっていることもあるかもしれません。そんな時はどんなふうにスッキリ解消させているでしょうか?実は一番簡単に自分が見えて整理できる方法があります。それは、なんのことはない「感情を書き出す」ということ。不安や迷いは意思とは関係なく“自動思考”で考え判断していくといいます。「なんだ問題はちがっていたんだ」なんてことにも気が付くようです。
人の「地雷」を踏まないコツ|相手の4タイプ別攻略と心の地雷を検証

人の「地雷」を踏まないコツ|相手の4タイプ別攻略と心の地雷を検証

必ずといっていいほど、「ゲッ!!どうして、それを言っちゃうのかな」と、なぜか相手を怒らせてしまう人がいます。誰でもイライラしている時があるにせよ、わざわざ“地雷”を踏みにいく必要はないはずです。今回は書籍「人間関係がスーッとラクになる 心の地雷を踏まないコツ・踏んだときのコツ」の書評からと、困ったときの相手のタイプ別地雷などをご紹介します。
SNSの利用目的60%“楽しい情報を見るため”|現実は「嫉妬と承認欲求」で不幸感

SNSの利用目的60%“楽しい情報を見るため”|現実は「嫉妬と承認欲求」で不幸感

寝ても覚めても頭の中に「SNS」ということはないでしょうか?ツールに負けて不幸になっているかもしれません。随分前から言われているSNS依存についてですが、“嫉妬”そしてよくある“承認欲求”は、人の投稿をみて気持ち悪くなる人もいるそうです。しかし、利用目的理由の60%は「楽しい情報を見るため」だというのに、あえて不幸にも。思い当たるふしはありませんでしょうか、それは何もあなただけではないことなのです。
残業なしのトップ営業マン仕事術|人間の体にあわせた3サイクル活用

残業なしのトップ営業マン仕事術|人間の体にあわせた3サイクル活用

なぜか営業成績のいい人は残業もせず、日中もサボってる?と思えるのに、トップに君臨していることも。日々残業にあけくれたビジネスマンが実践した方法に面白い「サイクル術」を見つけました。人の体の3サイクルを利用した時間割は効果的なパフォーマンスとなりうるようです。だれでもすぐに試せる実践法をご紹介します。
可能性を目覚めさせる「第3の活動」を見つけるコツ|あなたの仕事・生活にも影響

可能性を目覚めさせる「第3の活動」を見つけるコツ|あなたの仕事・生活にも影響

人生には仕事をしなくてはいけない第1の活動、そして生活やプライベートの第2の活動時間があります。しかし、すべてに大きな影響をあたえ可能性を目覚めさせる方法に「第3の活動」があるといいます。人生の転機になるかもしれない第3を見つける“コツ”をご紹介します。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

SOCIALZINE編集部の志水 SOCIALZINE編集部の志水


おすすめの記事

今注目の記事