2017年11月13日 更新

竹内涼真「過保護のカホコ」のギャップに萌え!同性からも支持される魅力

12日より「過保護のカホコ」の初回が放送されました。ドラマ部門1位にランクインと好調で、視聴者からは、主人公の境遇や思いが「自分と重なる」という感想も。最強の箱入り娘を演じるのは高畑充希。そんな彼女を変えていく青年役に、人気急上昇中の若手俳優・竹内涼真。現在放送中のNHKの連続テレビ小説「ひよっこ」では、慶応ボーイを演じ、歴代の朝ドラにて数々の名俳優を巣立たせた”イケメン”として注目を浴びています

399 view お気に入り 0
高畑充希が超過保護に育てられた大学生・カホコを演じる新ドラマ「過保護のカホコ」(毎週水曜夜10:00-11:00日本テレビ系)の第1話が7月12日に放送されました。
 (36655)

『過保護のカホコ』公式サイトより
同日の「視聴熱(※)」デイリーランキングで21089pt(ポイント)を獲得し、ドラマ部門第1位にランクインした。
※視聴熱とは、SNSや独自調査を集計、今熱い番組・人物・コトバからテレビの流行に迫る新指標
初回が12日に放送され、平均視聴率は11.6%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だったことがわかった。

”過保護ぶり”に自分を重ねる人も

今作は、両親に溺愛されて育ってきた超純粋な大学生・カホコの成長を描くホームドラマ。
第1話は、就職活動中のカホコが、竹内涼真演じる初と大学で出会い、働く意味について考えるという展開が描かれました。
視聴者からは、カホコの境遇や思いが「自分と重なる…」という感想も。

カホコのピュアかわいさに

オープニングでは、時任三郎演じるカホコの父・根本正高のナレーションで、カホコを取り巻く「過保護包囲網」と呼びたくなるような環境が紹介され始めます。
“奇跡の純粋培養”というぶっ飛んだ箱入り娘ぶりに対し、視聴者が感じるであろう違和感を「トホホ」という擬音が聞こえてきそうなトーンで解説しているので、すんなりと物語に入っていけた。
そして、カホコの目の前に麦野が現れ、徐々に「過保護包囲網」がほころび始めるのだが、さすがの純粋培養で素直に麦野の言葉を受けとめるカホコのピュアすぎる姿に、すっかりハマってしまった人も多いもよう。
37 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

平成の若手俳優ブレークの”登竜門”「仮面ライダー」制作陣が語る新人発掘と育成の裏側

平成の若手俳優ブレークの”登竜門”「仮面ライダー」制作陣が語る新人発掘と育成の裏側

昭和から始まった特撮ヒーロー番組「仮面ライダー」。初代からのコアなファンや、平成に入ってからは、親子二世代にわたり人気を博し、いつのまにか今をときめく人気俳優の“登竜門”と呼ばれるように。たしかに、2000年代以降「仮面ライダー」出身の俳優たちは”快進撃”を続けています。そんな多くの“売れっ子俳優”の素質を見抜いてきたプロデューサーのコメントから、ライダー俳優の人気を呼ぶ”秘密”を探ってみましょう
水嶋ヒロ、9年ぶりのドラマ出演!実は“暇”でも妻・絢香の”ヒモ”でもなかった?意外な顔とは

水嶋ヒロ、9年ぶりのドラマ出演!実は“暇”でも妻・絢香の”ヒモ”でもなかった?意外な顔とは

イケメン俳優として一世を風靡した水嶋ヒロが”9年ぶり”に日本のドラマに復帰を果たしました。俳優業だけでなく、小説家としても話題を集めた水嶋さんは、2009年に歌手の絢香と結婚。のちに長女が誕生し、その”イクメン”っぷりも話題に。しかし、ここ数年はメディアに取り上げられることも減ったため「絢香のヒモ」扱いされることも多かったようです。しかし、実は”意外な顔”も持っていました。その真相に迫ってゆきます
アメリカンコミックスの巨匠スタン・リーさん亡くなる・・多くの映画人から追悼コメント相次ぐ

アメリカンコミックスの巨匠スタン・リーさん亡くなる・・多くの映画人から追悼コメント相次ぐ

アメリカン・コミックスの巨匠、スタン・リーが先日、死去したとメディアなどが報じました。95歳でした。近年には複数の病気を患うなど、体調面が心配されていましたが、自身のSNSやマスメディアを通して健在ぶりをアピール。その矢先の訃報に、世界中から故人を惜しむ声が集まっています。各マーベル映画への”カメオ出演”でも親しまれていた彼の軌跡を振り返ります。また、キャラクターや物語が今なお支持される理由とは?
”芸能界最強のおごり飯”番長・LiLiCoがお薦めレストランを紹介!ブレーク前の”壮絶生活”も激白

”芸能界最強のおごり飯”番長・LiLiCoがお薦めレストランを紹介!ブレーク前の”壮絶生活”も激白

映画コメンテーターなどで活躍するLiLiCoが、3日放送の「人生最高レストラン」で、お薦め3店をご紹介。交友関係が広く「芸能界の女おごり番長」として有名な彼女は、最近では、稲葉友や竹内涼真らと交流を深めているようです。スウェーデンで生まれ演歌歌手になるべく、18歳の時に単身で来日したものの、当時の”壮絶な生き様”を振り返りました。数年の下積みを経て、ある出来事が転機となり現在の活躍へとつなげました
社会現象を巻き起こすようなドラマが誕生するかも?2018年「秋ドラマ」期待度ランキング発表

社会現象を巻き起こすようなドラマが誕生するかも?2018年「秋ドラマ」期待度ランキング発表

今年も夏ドラマも終了し、10月に入ると次は「秋ドラマ」の放送がスタートします。放送開始前の段階で視聴者は、どんなドラマに関心を示しているのでしょうか?アンケート調査の結果、上位5位までのランキングをご紹介します。また気になる主題歌や挿入歌を担当するアーティストも続々と発表されているので要チェック!秋は、気候的にもヒットの条件が揃っているそうです。また社会現象を巻き起こすようなドラマが誕生するかも?

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

SOCIALZINE編集部まりんちゃん SOCIALZINE編集部まりんちゃん