2017年8月29日 更新

将棋の藤井4段も集中力を高めたモンテッソーリ教育を学びビジネスシーンに活用せよ!!

ビジネスシーンや受験勉強でもっと集中力があれば・・・そう思ったら話題になっているモンテッソーリ教育を学んではどうでしょう?集中力や戦略が試されるプロ棋士である藤井4段も活用するモンテッソーリ教育。その本質はなんでしょうか?

67 view お気に入り 0

●将棋で有名な藤井4段も活用するモンテッソーリ教育とは?

プロ棋士の藤井恥太さんが4段になったのは記憶に新しいでしょう。
「将棋の事はよくわからないけど、あんなに若い人がプロ棋士になるなんて凄い!!」
将棋というモノが身近に感じた人もいるでしょう。

プロに限らず、アマチュアでも将棋は集中力や戦略がモノをいいます。
集中力がもっとあればビジネスシーンや受験勉強に活用できるのに・・・
そう思う人もいるでしょう。

それなら藤井4段も活用するモンテッソーリ教育を学んではどうでしょう?
藤井4段ほどの将棋のテクニックを身に着けるのは至難の業ですが、集中力アップのヒントは学べるかもしれません。
Free illustration: Computer, Surreal, Fantasy - Free Image on Pixabay - 1339867 (46971)

将棋の最年少プロ棋士、藤井聡太四段(14)が2日、東京都渋谷区の将棋会館で指された竜王戦決勝トーナメント2回戦で佐々木勇気五段(22)に敗れ、デビュー後の公式戦で初黒星を喫した。昨年12月の初対局から続いた連勝記録は歴代単独1位の「29」でストップした。
将棋の最年少プロ棋士、藤井聡太四段(14)が26日、東京都渋谷区の将棋会館で指された竜王戦決勝トーナメント1回戦で増田康宏四段(19)を破り、公式戦連勝記録を「29」に伸ばして歴代単独トップとなった。
将棋の最年少プロ棋士、藤井聡太四段(14)は26日、東京・千駄ケ谷の将棋会館で行われた竜王戦決勝トーナメント1回戦で増田康宏四段(19)に勝ち、公式戦の新記録となる29連勝を達成。
将棋界最多の公式戦29連勝の新記録を打ち立てた中学生棋士、藤井聡太四段(15)が産経新聞のインタビューに応じ、連勝記録中の心境やタイトル獲得への意気込み、“難局”である高校進学への迷いなどについて率直に語った。(
Free vector graphic: Unknown, Think, Contemplate - Free Image on Pixabay - 1769656 (46977)

「モンテッソーリ教育」とはなんでしょう?
モンテッソーリ教育とはマリア・モンテッソーリ(1870~1952)という女性の医学者であり科学者によってイタリアでスタートした教育法です。

全ての子供は「自己教育力」という「自分を伸ばす力を秘めている」。
これを教育の根本の置き、「教える」のではなく大人は「サポート役」に徹します。

大人や教師がする事は「教える事」ではなく、「子供が活動するための環境づくり」。
それがモンテッソーリ教育です。
藤井聡太四段の活躍によって、脚光を浴びるようになったモンテッソーリ教育。実は数年前からビジネスパーソンの間では話題となっていました。それは有名起業家を含めた著名人に、モンテッソーリ教育を受けた人が多いからです。
 千葉大学教育学部教授・副学部長の藤川大祐さんによれば、今、子どもを取り巻く環境は「誰も体験したことがないような状況に突入している」そうです。そしてその結果、親に求められる能力や役割も変わってきています。親はどう対応していくべきなのか、お話を伺いました。
Free photo: Education, A Good Idea, An Array Of - Free Image on Pixabay - 548105 (46981)

子供を持つ親なら経験があるかもしれません。
・急いでと言ってるのにゆっくり行動する
・お気に入りの服を毎日着ようとする
・古いおもちゃを捨てたら怒り出し、かんしゃくをだす
・友達に何かを譲る協調性がない

親として困った行動ですが、これは1歳から3歳の頃にだす「敏感期」。
「イヤイヤ期」ともいわれますが、同じことを繰り返す子供の行動は将来の「高い集中力」に繋がる。

そう考えるのがモンテッソーリ教育の根本です。
そしてその能力を伸ばすために、大人から見ると「なんで?」と思うような行動をとったり、同じことを何度も繰り返したりします。
3歳のハルト君のお気に入りの「お仕事」は、腕輪作り。2センチほどに細かくカットされたストローを、ビーズのように、ひもに一つひとつ通して作ります。
24 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

「資格の取得」だけで満足していないか? デキる即戦力ビジネスマンは資格に頼らずキャリアを見つめなおすモノ!! 自己満足で酔いしれるのはリストラの危機!?

「資格の取得」だけで満足していないか? デキる即戦力ビジネスマンは資格に頼らずキャリアを見つめなおすモノ!! 自己満足で酔いしれるのはリストラの危機!?

正規雇用と非正規雇用の賃金格差が社会問題となっています。さらに終身雇用が終わり、今の会社にずっといるイメージも新卒時に持てなくなっています。将来どうすればいいのか?迷った時に資格の取得に走る人がいます。資格の取得が悪いわけではありませんが、自己満足でないか?しっかり自分のキャリアを見つめなおしましょう。
鈴木康平 | 112 view
転職するなら人手不足の5業界が狙い目! 未経験でも2018年以降求められる職種は?

転職するなら人手不足の5業界が狙い目! 未経験でも2018年以降求められる職種は?

2017年の求人倍率は2倍を超え、景気が上向きな雰囲気を出しています。しかし、なかなか希望の企業に転職できず、困っている人も多いのではないでしょうか?そんな時は一重不足に悩む5つの業界を狙ってみるのも良いでしょう。
鈴木康平 | 8,739 view
「孤独死が怖い!!」 独りぼっちで死ぬのがイヤなアナタに江原啓之が届ける言葉のパワー

「孤独死が怖い!!」 独りぼっちで死ぬのがイヤなアナタに江原啓之が届ける言葉のパワー

離婚や癌宣告、配偶者の死、未婚・・・私たちの生活は数十年前とは違い、独りぼっちで死ぬ環境が整いつつあります。自由度が高まり、幸せの定義が曖昧な時代。独りぼっちで死ぬ事が「不幸」と思っていませんか?そんなアナタに江原啓之氏が届けたい言葉。これらを紹介します。
鈴木康平 | 620 view
アルコール依存症を防ぐには「1人酒」を避ける!? 専門医が指摘する要注意サインとは?

アルコール依存症を防ぐには「1人酒」を避ける!? 専門医が指摘する要注意サインとは?

アルコール依存症は国内で5万人が治療を受けています。治療を受けていない人を含めると、かなり多くの人がアルコール無しではいられない身体になっているのかもしれません。薬物治療を専門にする医師が傾向する「1人酒」。お酒との付き合い方をきちんとできていますか?
鈴木康平 | 490 view
ボランティアを始めたい! 「最初の一歩」はどう踏み出せばいいのか?

ボランティアを始めたい! 「最初の一歩」はどう踏み出せばいいのか?

時間やお金に余裕がでたら人間は誰かのために行動を起こしたくなるのかもしれません。それは大学生などの学生かもしれませんし、社会人や主婦、シニア世代という事もあるでしょう。ボランティアを始めるのは人間的に素晴らしいですが、「何からスタートすればいいの?」と迷ってしまう人も多いでしょう。そんなボランティアの始め方を紹介します。
鈴木康平 | 201 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

鈴木康平 鈴木康平


おすすめの記事

今注目の記事