2017年12月21日 更新

ディズニーの21世紀フォックス買収に人気アニメ「ザ・シンプソンズ」の予言がまたもや的中!

12月14日、米「ウォルト・ディズニー」が「21世紀フォックス」の映画事業などを524億ドルで買収することで合意に至ったと発表。そんな中、長寿人気アニメ「ザ・シンプソンズ」が、なんと今回の歴史的な合併を”20年前に予言”していたと話題に。実は、他にもアメリカ大統領やスーパーボウルのショーの出演者まで、見事に的中させたものもありました。まるで未来を透視していたかのようなシンプソンズの予見をチェック!

241 view お気に入り 0
米『Walt Disney Company』は12月14日(現地時間)、米『21st Century Fox』を買収することで合意に達したと発表しました。
 (69749)

新会社の経営統合の指揮を執るウォルト・ディズニーのローバート・アイガーCEO
米メディア大手ウォルト・ディズニーは、同業の21世紀フォックスの映画やテレビなどのエンタメ部門を、総額661億ドル(7兆4000億円)で買収することで最終合意した。
▼交渉は数週間前から進んでいたもようで、ディズニーが12月14日にホームページ上で発表。
フォックス買収によってディズニーは、映画スタジオの20世紀フォクスやナショナル・ジオグラフィック、有料放送番組FX、地方スポーツチャンネルを獲得。英衛星放送スカイと動画配信のHuluの株式も取得する。
人気映画の『Xメン』や『アバター』、人気ドラマの『ジ・アメリカンズ』、『ディス・イズ・アス』、『モダン・ファミリー』など、フォックスが持つ多様で収益性の高いコンテンツも傘下に収める。アニメ『シンプソンズ』の主人公一家も、ディズニー・ワールドに引っ越しだ。
 (69750)

『ザ・シンプソンズ』

ディズニーによる買収を”20年前”に予言?

ディズニーが、20世紀フォックスを買収したと報道され話題になっていますが、なんとアニメ『ザ・シンプソンズ』が20年前にそれを予言していた、とさらに話題をよんでいます。
▼1998年11月8日に放送されたシンプソンズのシーズン10のエピソード5『When You Dish Upon A Star(原題)』というエピソードには、「20世紀FOX」と書かれた看板が掲げられている場面があるのですが・・・。
 (69679)

その「20世紀フォックス(20th CENTURY FOX)」の看板の下には「ウォルト・ディズニー・子会社(A DIVISION OF WALT DISNEY CO)」と書かれているのだ。これはアニメ制作者のちょっとしたジョークなのだが、20年後になりこれが事実になり話題になっている。
▼またシーズン27の『Couch Gag(原題)』の中では、『シンデレラ』や『ジャングル・ブック』、『ファンタジア』といったディズニーアニメを登場させ、妙にディズニーを持ち上げている(?)シーンも。

Couch Gag By Eric Goldberg | Season 27 | THE SIMPSONS

53 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキュレーター

SOCIALZINE編集部まりんちゃん SOCIALZINE編集部まりんちゃん


おすすめの記事

今注目の記事