2017年7月21日 更新

「ボールルーム」OPはユニゾン新曲”最大級の賛美に代えて”作詞作曲

UNISON SQUARE GARDENが7月よりスタートする新作TVアニメ「ボールルームへようこそ」のオープニングテーマとして、新曲を書き下ろしたことがわかりました。同曲は、作詞作曲を手掛けた田淵智也さん(Ba)が原作を読み込んで制作。オープニングテーマを使用した最新アニメMVは、6月7日 22時よりYouTube LIVE / ニコニコ生放送で生中継され、同曲も初公開されるので、お見逃しなく!

188 view お気に入り 0
7月より放送されるテレビアニメ「ボールルームへようこそ」のオープニングテーマとして、UNISON SQUARE GARDENが新曲「10% roll, 10% romance」を書き下ろし提供したと発表されました。
 (26945)

UNISON SQUARE GARDEN(ユニゾン・スクエア・ガーデン)は、日本のスリーピースロックバンド。中野で結成し、全国各地で精力的にライブ活動を行っています。 略称は主に「ユニゾン」「USG」。

(左から)田淵智也さん(Ba/Cho)斎藤宏介さん(Vo/Gt)鈴木貴雄さん(Dr/Cho)
「ボールルームへようこそ」は、『月刊少年マガジン』で連載中の竹内友による同名マンガを原作とし、主人公である平凡な中学生・富士田多々良がとあるきっかけで社交ダンスに出会い、その魅力に目覚めていく様子を追う青春ダンスアニメ。
今夏放送が開始されるTVアニメ「ボールルームへようこそ」の第3弾キービジュアルも公開されました。
 (26946)

今回のキービジュアルは、登場キャラクターの多々良、雫、兵藤、賀寿、真子が熱く競技ダンスに取り組む姿を切り取った迫力ある絵になっています。
原作者の竹内はこれが初連載にもかかわらず、マンガの主題である社交ダンスシーンの圧倒的な肉体描写力と、王道のスポ根マンガにも通じる主人公の成長を追う丁寧な描出で、読者からの高い支持を獲得。単行本既刊8巻の累計部数は160万を超えている。
 (26967)

今年元日に「ボールルームへようこそ」のTVアニメ化が発表された際、UNISON SQUARE GARDEN
の既発曲を使ったアニメPVが公開されてきたため、アニメファンおよびバンドのファン双方から、ユニゾンが本作の主題歌を務めるのではと注目を集めていました。
今年1月のテレビアニメ化発表以降はUNISON SQUARE GARDENの既発曲を用いたプロモーション映像が公開され、原作およびバンドのファン双方から大きな注目を集めていた。
 (26969)

このアニメのために書き下ろした「10% roll, 10% romance」は、作詞作曲を手掛けた田淵智也さん(B)が原作を読み込んで制作したそうです。
 (26963)

オープニングテーマの「10% roll, 10% romance」は田淵智也(B)が原作を読み込んで制作した。過去の楽曲の中でも最速のBPMに乗せた、爽快なサウンドが印象的なナンバーとなっている。
バンドの持ち曲の中でも最速のBPMに当たる性急なビートの上で軽やかかつストレートに歌う斎藤宏介(Vo, G)の伸びやかな歌声が印象的なナンバー
38 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

UNISON SQUARE GARDEN、新作MV公開!ロックで”異色”を放つ

UNISON SQUARE GARDEN、新作MV公開!ロックで”異色”を放つ

5月17日にリリースのUNISON SQUARE GARDENのライブDVD / Blu-ray「UNISON SQUARE GARDEN TOUR 2016 Dr.Izzy at Yokosuka Arts Theatre 2016.11.21」のトレイラー映像が公開されました。彼らは「異色でオリジナリティがある」こと「完全無欠のロックンロール」などと評されています。そんな彼らの魅力に迫ります!
「FM802×TSUTAYA」尾崎世界観(クリープハイプ)によるキャンペーンソング!フルVer.公開

「FM802×TSUTAYA」尾崎世界観(クリープハイプ)によるキャンペーンソング!フルVer.公開

音楽で新生活を応援する春のキャンペーン「FM802×TSUTAYA ACCESS!」が今年もスタートしました。2008年からは毎年、人気アーティストの書き下ろしによる楽曲を複数のアーティストが歌うスタイルとなり、毎年話題を集めています。今年の楽曲を手がけたのは、尾崎世界観(クリープハイプ)。4月1日放送のFM802を皮切りに、楽曲がオンエアされていましたが、この度MVのフルVer.が公開されました

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

SOCIALZINE編集部まりんちゃん SOCIALZINE編集部まりんちゃん


おすすめの記事

今注目の記事