2017年2月20日 更新

星野源&指原莉乃が大絶賛!水野美紀が「奪い愛、冬」“怪演”で完全復活!三浦翔平の“壊れっぷり”も新境地|プライベートは順風満帆

「奪い愛、冬」は登場人物らの“奪い合う”恋愛=“奪い愛”「奪い合う恋愛」をテーマにしたスピーディでスリリングなラブストーリー。ドロドロした人間関係の中にキュンとするラブエッセンスがあるドラマとしてスタートしました。2月10日に放映された「ミュージックステーション」2時間スペシャル(金曜よる8時)にゲスト出演した歌手で俳優の星野源とHKT48の指原莉乃が、同ドラマで、女優・水野美紀が見せた“怪演”を再現し盛り上がるシーンがあり話題を呼びました。個性が強すぎるキャラクターと、毎回振り切って衝撃的なドロドロの内容に、“奪い愛好き”を公言している芸能人も数多くいるようですよ!

199 view お気に入り 0

「奪い愛、冬」とは

「奪い愛、冬」は登場人物らの“奪い合う”恋愛=“奪い愛”「奪い合う恋愛」をテーマにしたスピーディでスリリングなラブストーリー。

ドロドロした人間関係の中にキュンとするラブエッセンスがあるドラマとしてスタートしました。
 (5805)

倉科カナ、三浦翔平「奪い愛、冬」

鈴木おさむが脚本を手掛けるこの作品は、倉科カナが演じる主人公・池内光とその婚約者・奥川康太(三浦翔平)を中心に、さまざまな男女が入り乱れ、愛を奪い合うさまが描かれています。
禁断の愛に走り出す主人公・池内光を倉科カナ、光の婚約者である康太役を三浦翔平、光の元彼・森山信役を大谷亮平。
そして信の浮気心に勘付き、嫉妬に狂った妻・蘭役を水野美紀が”怪演”しています。

星野源&指原莉乃、水野美紀が見せた“怪演”を再現し盛り上がる

2月10日、テレビ朝日系「ミュージックステーション」2時間スペシャル(金曜よる8時)が放送。

ゲスト出演した歌手で俳優の星野源とHKT48の指原莉乃が、同局系ドラマ「奪い愛、冬」(毎週金曜午後11時15分〜※一部地域を除く)で女優・水野美紀が見せた“怪演”を再現し盛り上がるシーンがありました。
この日のゲストAAAの披露する曲(『MAGIC』)が「奪い愛、冬」の主題歌であることから、トークはドラマの話へ。
 (5814)

AAAの新曲「MAGIC」が、ドラマ「奪い愛、冬」の主題歌に
水野が今作で演じているのは、倉科の元カレが暴漢から襲われた際に身を投げ出したことで負傷し、その傷を逆手に取って倉科から元カレを奪って結婚した計算高い女の役です。
光は、持ち前のガッツと頭脳で仕事も優秀にこなし、おまけに婚約者もいて、公私ともに充実していた女性ですが、第1話で彼女の前に突如、かつて死ぬほど愛した元カレ・森山信(大谷亮平)が現れたことから事態は急転。

婚約者がいるにもかかわらず、その心はどんどん元カレを求めていき、そこに妻・森山蘭(水野)も深く加わってドロドロの展開に・・・。
 (5816)

星野源&指原莉乃「奪い愛、冬」水野美紀の“怪演”コラボ

夫と倉科がまだ想いを通わせていることに嫉妬し、夫と倉科をある程度泳がせておいては2人を傷つけて引き離す様子はまさにホラー。

2月3日放送の第3話では、嘘をついて自宅のクローゼットに隠れ、忘れ物を届けにきた倉科と夫がうっかりいい感じになってキスしたその瞬間、2人の目の前に躍り出てくるなど、まさに“鬼気迫る”演技でした。

Mステでは第3話の一部を紹介。
光と信の不倫キス現場に登場した蘭が「あんたが信のこと騙してるんでしょ」と光に全責任を押し付け、「違う!」と信が否定すると「違わないよおおおおお!」と杖をダンダンダンと叩き激怒する、という水野の怪演シーンが放送された。
ドラマを見ているという星野は「あのシーン最高でしたね」と隣の指原に語りかけ「ドンドンドンドンって」と杖を床に叩きつける動作を再現。
51 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

新垣結衣&松田龍平の連ドラ”W主演”「逃げ恥」脚本家と4度めタッグ!今作の期待度が高い理由

新垣結衣&松田龍平の連ドラ”W主演”「逃げ恥」脚本家と4度めタッグ!今作の期待度が高い理由

女優の新垣結衣と俳優の松田龍平が10月スタートの連ドラ「獣になれない私たち」にW主演することがわかりました。2年前に新垣&星野源のW主演による大ヒットドラマ「逃げ恥」の脚本担当者が新ドラマでも脚本を手がけるとあり、期待が高まっているようです。松田さんとは、新垣さん初主演映画「恋するマドリ」(07年)以来、11年ぶりの共演。気になる今作のストーリーや、あの作品で大ブレイクを果たした俳優の共演も発表!
「コウノドリ」続編が2年ぶり復活!綾野剛ら豪華メンバーが再集結

「コウノドリ」続編が2年ぶり復活!綾野剛ら豪華メンバーが再集結

2015年10月期に放送された綾野剛主演「コウノドリ」の新シリーズが、今年10月期に放送されることが発表されました。講談社「モーニング」にて今も人気連載中の鈴ノ木ユウが描くヒューマン医療漫画が原作。妊娠、そして命が誕生する奇跡をテーマに描かれ、多くの共感と感動を生みました。今回のテーマは「生まれること、そして生きること」。2年を経て、出演者陣も制作陣も様々な面でのパワーアップが期待されています
人を愛しすぎる姿がクセになるドラマ「奪い愛、冬」ラスボス?倉科カナの“不敵な笑み”が最高視聴率! 続編望む声も

人を愛しすぎる姿がクセになるドラマ「奪い愛、冬」ラスボス?倉科カナの“不敵な笑み”が最高視聴率! 続編望む声も

倉科カナが主演するドロドロの恋愛ドラマ『奪い愛、冬』(テレビ朝日系列、毎週金曜23:15〜 ※一部地域を除く)が、ついに、3月3日に最終回を迎えました。カオスな争いに「ツッコミが追いつかない・・!」とネット上をざわつかせるなど、早くから話題に上りました。そんな、”ドロキュン”(ドロドロした恋愛)という新語を生み出した?ドラマ「奪い愛、冬」を振り返ってみましょう!
空気を読まない?コメンテーター古市憲寿の「炎上履歴」ある意味”筋の通った持論”に共感の声も

空気を読まない?コメンテーター古市憲寿の「炎上履歴」ある意味”筋の通った持論”に共感の声も

”歯に衣着せぬ”率直な物言いが、何かと話題の社会学者の古市憲寿。メディアやSNSなどで、度々”炎上”騒ぎを起こしていますが、本人は、いつも変わらぬ姿勢を貫いています。バラエティ番組では、密着取材が組まれ、幅広すぎる交友関係や、嫌いな人への持論も紹介され、注目を集めました。一見”ドライすぎる”ようにも見える発言に対し、視聴者からの”共感の声”が集まる理由とは?“炎上履歴”を振り返りながら読み解きます
ナオミ・キャンベル、元カレの子を妊娠?写真が全てを語る!変わらない美しすぎるボディに驚愕

ナオミ・キャンベル、元カレの子を妊娠?写真が全てを語る!変わらない美しすぎるボディに驚愕

スーパーモデルのナオミ・キャンベルは、今年8月に入り、SNSにて自身の”美しすぎるビキニ姿”を披露。そのずっと変わらないスタイルに反響が起こりました。その裏では・・元カレが子供ができたと明らかにし、胎児のエコー写真を投稿。そのことがキッカケとなり、この赤ちゃんの母親が、ナオミなのではないか?という噂に。今のところ双方ともコメントは出されていませんが、彼女の”ある部分”をみると・・その答えが明らかに

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

SOCIALZINE編集部まりんちゃん SOCIALZINE編集部まりんちゃん


おすすめの記事

今注目の記事