2018年7月2日 更新

今年はすでに酷暑が到来!発汗必須の夏季限定「シビれる夏鍋」をピックアップ

全国で370店舗を展開している「しゃぶしゃぶ温野菜」が、この夏に期間限定で販売するメニューが6月28日から全店でスタートしています♪さっそく激辛好きなファン必見の激辛メニューをご紹介しちゃいます。

47 view お気に入り 0

ハバネロ➕20本の唐辛子入りの「麻辣肉鍋」

しゃぶしゃぶ温野菜では、昨年よりも1ヶ月も前倒しして、夏メニューで人気を博している「夏鍋」を開始しました。

今年、暑さを乗り切る旨辛鍋をして投入したのは「麻辣肉鍋」と「酸辣肉鍋」の2種類の激辛鍋です。

​ 選べる辛さを4段階に設定した「麻辣肉鍋」は、病みつきになる旨さと辛さにこだわった四川風激辛鍋で、『辛いけど、箸が止まらない鍋』に仕上げました。

豚骨と鶏ベースの出汁に、ニンニクやショウガなどの香りや、花山椒や青唐辛子、また9種類のスパイスや豆板醤を調合しました。
 (88728)

温野菜では、夏の鍋を提案してから今年で5年目になります。夏になると女性を中心にクーラー病のほか、アレルギーなども多いのが実態ですよね。
そこで、新陳代謝の良くなる食べ物を積極的に摂取することで、発汗作用も促し、結果的に健康に近づいてもらいたいとも思いで、今年も2種類の旨辛鍋を夏季限定で投入しました。女性はもちろん、男性にも気に入ってもらえるメニューだと思います。(広報担当者)。
 (88647)

「酸辣肉鍋」はチキンベースのすっきりとしたスープに、熟成純玄米黒酢や赤酢など4種類のお酢をブレンドした創作鍋です。

さらに唐辛子やラー油を加えることで酸っぱ辛さがやみつきになる”だし”に仕上げました。

ふわふわの卵入りの出汁も、今までにない感覚で楽しめます。
熟成純米黒酢や、赤酢など4種類のお酢をブレンドしました。
また、こちらもニンニクや唐辛子を加えて深みを出しています。

世界の鍋料理からヒントを得て誕生した夏鍋

温野菜が夏鍋を推奨してから、7月から9月の間の売り上げも、通常と比較して1.5倍ほどもアップしたんだとか。

今年も世界の鍋からヒントを得てメニュー開発を始めたという温野菜。
そこで、インスピレーションを受けたのが中国とタイの激辛鍋でした。

 (88648)

選べるスープ4段階には、初めての方用のほかに、刺激中辛、やみつき上級の大辛、そして300円プラスで楽しめる辛さと戦う超辛に設定しています。

超辛には、特製のハバネロや20本以上の唐辛子を加えました。
食べ始めると同時に、身体中から汗が出てきますよ。
ヒーヒーしながら食べるお鍋は病みつきになります。

温野菜ならではのオリジナル豚を使用したしゃぶしゃぶ

北海道のつや姫豚の「カルビ」は肉肉しい中にも、ジューシーさがお口いっぱいに広がって、食べ応えも満点のしゃぶしゃぶです。

「ロース」も北海道のつや姫豚を使用しているから、上品な甘さが噛めば噛むほど溢れ出す虜になる美味しさです。
 (88649)

「北海道つや姫豚」は、温野菜ならではのオリジナル豚で、コラーゲンが通常の豚の約2倍も含まれているんです。

北海道の恵まれた環境とこだわりの飼料で大切に育てられたメス豚のみを使用し、甘みとジューシーさにこだわった自信作です。
27 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキュレーター

socialzine編集部 socialzine編集部