2017年12月19日 更新

有名女優にも広がる「SNS疲れ」の波?スマホに依存しすぎないための方法と得られる”メリット”

有名女優たちのSNS閉鎖が相次いでいるようです。その理由の一つに”SNS疲れ”が挙げられていますが、今や芸能人に限った話ではなく各研究機関がSNSを利用しすぎる弊害について「うつ病になりやすい」「幸福度を低下させる」など発表しています。SNSが普及した今だからこそ、その「適度な付き合い方」も大切。ということで今回は、スマホに依存しすぎないための方法と、それによって得られる”メリット”をご紹介します

303 view お気に入り 0
有名女優たちのSNSアカウント閉鎖が相次いでいるようです。一体、その背景にはどんな事情があったのでしょうか?3人の芸能人の事例から読み取っていきましょう。
 (69392)

「熱愛」報じられた宮沢りえ

11月30日、宮沢りえ(44)がInstagramで「不快な思いをさせてしまった方達、ごめんなさいね」とコメント。12月5日にはアカウントを削除した。
 (69339)

宮沢りえさん
宮沢さんが、そんなコメントをするのには原因がありました。
それは『V6』の森田剛さん(38)との熱愛でした。
11月末、宮沢が8歳の娘と森田主演の舞台を観劇したことを誰かが宮沢のインスタに書き込んだ。『いいなあ』という好意的な感想の一方で、森田ファンから『ふざけんな』と詰(なじ)る投稿もあった」(スポーツ紙記者)
▼2人は、昨年夏の舞台共演をきっかけに交際が始まり、宮沢さんの家に森田が通う姿を撮られ、熱愛が発覚しました。
 (69368)

2人は2016年8月に上演された舞台『ビニールの城』で共演し交際に発展。
2人はアラフォーの大人の恋。もはや“公認の仲”であり、宮沢さんの女優としての格もありジャニーズも黙認しているようですが、往年のファンの眼は別だったようです。
「“恋多き女”の宮沢だが、森田を役者として認めているのでしょう。これまでの恋とは違い、彼は尊敬できる存在。とはいえ再婚を急いでいる様子はない。森田の舞台を娘に見せたのは、娘を女優にしたい宮沢の教育の一環という見方もある」(同前)
再婚も現実味を帯びてきているとの報道もあるのですが・・・
「日本アカデミー賞の最優秀主演女優賞を3回以上受賞したのは松坂慶子(65)、吉永小百合(72)と宮沢だけ。7月にはNHK『プロフェッショナル 仕事の流儀』が宮沢の舞台裏に密着し放送するなど、更なる箔をつけた。
 (69370)

インスタの閉鎖は森田への配慮もあるが、抗議を無視して無理に続けるより、女優としてのイメージ維持を優先した判断でしょう」(演劇関係者)
95 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキュレーター

SOCIALZINE編集部まりんちゃん SOCIALZINE編集部まりんちゃん


おすすめの記事

今注目の記事