2018年5月7日 更新

体調を改善すべく静養している小室哲哉「TETSUYA KOMURO ARCHIVES」発売決定

音楽プロデューサーの小室哲哉さん(59歳)が5月6日、1月の引退会見以来初めてInstagramを更新しました。近況なども報告している彼を見てほっとするファンも多い。現在はどんな生活を送っているのかさっそくチェック。

21 view お気に入り 0

『TETSUYA KOMURO ARCHIVES』が発売

1月の引退後もその影響力に陰りの見えない小室哲哉さん。
ファンからは励ましの言葉が多く聞こえてきます。

そんな小室哲哉さんのこれまでの音楽家、プロデューサー、作曲家、作詞家としての生涯が集約された作品集『TETSUYA KOMURO ARCHIVES』が発売されることが決定しました。
引退が惜しまれる中今年の「東京スポーツエンタテインメント大賞 功労賞」や、昨年リリースした36曲全て『Get Wild』が収録されたアルバム『GET WILD SONG MAFIA』がギネス世界記録®と「CDショップ大賞 リビジデット賞」に選出。
CDショップ大賞とは、日本の音楽賞で、2009年に第1回が開催され、ことしで9回目となります。

同音楽賞は、全日本CDショップ店員組合が主催し、全国のCDショップ店員の投票のみで各賞が選ばれる仕組みで、ズバリ、『本屋大賞の音楽版』と言われています。
さらに先日発表になったスマートフォン向けRPG「ガーディアンズ」の音楽監督を担当していたり、ほかにも今年秋に公開される映画『SUNNY 強い気持ち・強い愛』の音楽を担当しているのが発表になったりと、引退前に行った仕事が続々と解禁され話題となっている。
去年は、宇多田ヒカルさんの『Fantome』が受賞されました。
今回発表となった収録内容は、TRFや篠原涼子、H jungle with tなど90年代を席巻した”小室ファミリー”をはじめ、作家として注目を集めるきっかけとなった渡辺美里やアーティストとしても活躍したTM NETWORKの楽曲が収録される。
『TETSUYA KOMURO ARCHIVES』はT盤、K盤共に2018年6月27日発売されます。

現在は海が見える場所で休養中の小室哲哉

小室はこの日、「ご無沙汰しています。今、しばらく体調を改善すべく静養しています」とのコメントと共に、海をバックにした自撮りショットを投稿。
「皆さまが少しでも笑顔になれる僕の役目は何か、日々考えています。まずはストレスからの精神安定、難聴など。介護の解決策など山積ですが、おかげさまで静かに生活させていただいています。また、また、何かしらからから 近況が、報告されるかもしれませんが、メディアの皆さんも暖かいです。では、また。」
これにファンからは「先生!早く治して復活待ってます!」「のんびり休んで下さい!」「今まで走り続けて来た分、ここでしっかりと心と身体を休ませてあげて下さい」「小室さん、ゆっくり、ゆっくり休んでください」「小室さんの姿が見れるだけでも私は嬉しいです…」などの声が寄せられている。

事の発端は「小室哲哉“裏切りのニンニク注射”」

そもそも、ことの発端は、「週刊文春」が報じた「小室哲哉“裏切りのニンニク注射”」の記事でした。
記事には、2011年10月にくも膜下出血で倒れ、現在も療養中の妻、KEIKO(45)を彼女の実家に帰して安静にさせていた時期。

30代の美人看護師を自宅に泊めたり、高級ホテルで密会していたりという内容でした。
24 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキュレーター

socialzine編集部 socialzine編集部