2017年5月5日 更新

30~40歳「転職が成功する人」の特徴|企業が求める6つの能力

一昔といっていいのでしょうか、以前は30代も半ばすぎると、「転職」は難しいと言われていました。しかし、必ずしもそうとは言えないのは、今は望まれる人の像が年齢と経験を重ねてきた人の場合があります。30歳から40歳の転職成功者はどんな人なのでしょうか?そして企業が求める6つの能力を含めて、ご紹介いたします。

2,293 view お気に入り 0
2014年、ある雑誌で取り上げられた記事には
40歳過ぎて転職した人の8割が「幸福」が増したというアンケート結果が印象的でした。
一昔は30代も半分すぎると、40代と同様に転職なんて、
正直「無理」なんて言われていたことがあります。
しかし、今はキャリアを前面にだせる時代になったのだと実感します。
もしくは、30~40歳になってから、あることに「気づく」という人もいます。

ただし、人によっては二分する評価のある年齢でもあり、
「誰でも転職で成功する」とはいいがたいものです。

では、どんな人が成功するのでしょうか。
Free photo: Job Interview, Why, Monday, Coffee - Free Image on Pixabay - 1784385 (21310)

企業が中途採用をする場合、現場第一線の経験者を募集するケースが多くなるため、求人票には記載がなくても本音では20代後半や30代前半の人材を採用したい、という傾向が強くあります。
しかし、中には40歳以上のミドル世代であっても、選考活動で企業にその魅力を発見され、若手の候補者に競り勝ち、企業からのオファーが集まる方がいます。そんな人たちに共通する傾向とは何か? 今回はそこに焦点を当てたいと思います。
まずは、年齢を除いて企業が欲しがる「人材」像をご紹介します。

企業が求める6つの能力

Free photo: Application, Search, Job Search - Free Image on Pixabay - 1756260 (21311)

(1)チャレンジ精神(変革する力、バイタリティ)
(2)チームワーク力(共感力、チーム志向)
(3)コミュニケーション力(論理的思考、伝える力)
(4)リーダーシップ力(周囲を巻き込む力、主導力)
(5)主体的行動力(自律的アクティビィティ、やりぬく力)
(6)グローバル素養(異文化受容力、語学力)
6つの要件は共通するといっても、企業・業種によって比重の置き方も違えば、同じ言葉でも込められている意味が微妙に違う。
正直に言うと、企業がもとめる6つの条件は、ある程度の経験が必要になると感じます。
①の「チャレンジ精神」は、変革力という意味にもなります。
各業界により、意味合いは少しかわりますが、信念を持って仕事に取り組める人と答える化粧品業界、
何事にも臆することのない器量さ、度胸、肝を持つ人。すなわち“胆力”のある人が欲しいと答えるテレビ業界者。
ならば…欲しいと言われる「チャレンジ精神となる変革力」を実現するには?↓↓↓
Free illustration: Interview, Conversation, Sitting - Free Image on Pixabay - 2071228 (21312)

建設業の人事担当者は「多角的な視点を持ち、直感ではなくしっかりとした情報収集に基づいて自ら導き出した考えを周囲に納得させ、行動できる人」と言う。
そして、②チームワーク力③コミュニケーション力④リーダーシップ力は、
何かと関連してくる力ともいえます。
それぞれを切り離して考えるよりも、連動している要素ともとれるのではないでしょうか。
チームワーク力のある人は、仲間や外部とのコミュニケーション力も高く、
力を発揮し、最終的にはリーダーシップをとることができますね。
リーダーシップ力は将来の経営を担う幹部人材候補である総合職に対して昔も今も求められている能力だ。
勘違いしやすいと伝えているのが、このリーダーシップ。特別社内だけで、指示をすることがリーダーシップとは言えないということなのでしょう。とても深い意味合いが書かれています。↓↓↓
45 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

ヘッドハンティングのプロ「身綺麗な人ほど」出世する | ビジネスマン必須「心・技・体」

ヘッドハンティングのプロ「身綺麗な人ほど」出世する | ビジネスマン必須「心・技・体」

身なりのきれいな人、そして身支度はビジネスマンとして第一印象を決める大切なことであるのは誰しも頭では理解しています。しかし、「身綺麗な人ほど出世する」と言われ、その理由を実際にはきちんと説明するのは難しいのではないでしょうか。今回、ワケを知るべく、ヘッドハンティングのプロから伝授いただきませんか。“なるほど”と唸り声をあげる内容をご紹介いたします。
お金持ち運がほしいなら「お金を追ってはいけない」|仕事を追う人が、1桁上を稼ぐ

お金持ち運がほしいなら「お金を追ってはいけない」|仕事を追う人が、1桁上を稼ぐ

「お金」そのものを追いかけるのではなく、仕事を追いかけている人が、1桁上の額を稼ぐ人たちの特徴だといいます。安岡正篤氏、松下幸之助氏、稲盛和夫氏らに共通することが、私たちでもすぐにできるある意識。それは仕事を追いかけ「よい仕事をすることに集中」することだと解説されています。お金を追わず、良い仕事をすることで、お金持ち運をつかむ法則をご紹介します。
面接で落ちるNG志望動機 サークルリーダーやボランティア活動は就職活動のアピールになりませよ

面接で落ちるNG志望動機 サークルリーダーやボランティア活動は就職活動のアピールになりませよ

「上から目線で話している」、「本当にウチの会社に入りたいのかな?」。書類選考や面接で必ずと言っていいほどある志望動機。人事の面接官を不愉快にさせるNG志望動機を書く人がたくさんいます。就職や転職活動を成功させるために、確認しておきましょう。
鈴木康平 | 720 view
言ってはいけない「ヤバイ口癖」5つ|仕事ができない人・成功できない人の共通用語

言ってはいけない「ヤバイ口癖」5つ|仕事ができない人・成功できない人の共通用語

まったく気が付かないうちに「ヤバイ口癖」を言っていないでしょうか。仕事がデキない人、成功できない人は、わざわざ自分で「できない人」を作ってしまっています。「目標実現」の専門家として、オリンピック選手をはじめ経営者、7800人以上をサポートしてきた、メンタルコーチの大平信孝氏が、ヤバイ口癖5つを教えてくれました。
コミュニケーション能力の高い人が行う「意外」なこと|相手に合わせているのは1つ

コミュニケーション能力の高い人が行う「意外」なこと|相手に合わせているのは1つ

コミュニケーション力があると聞けば、真っ先に思いつくことは、どんなことがありますか?能力が高い方は、どこにいてもかわいがられますし、人から信頼を受け、人脈も広く、ビジネスの世界で目立つ存在であることが多いですね。何を隠そう、本当にコミュニケーション能力が高い方が一番相手に合わせていることは、ビックリするものなのです。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

SOCIALZINE編集部の志水めぐみ SOCIALZINE編集部の志水めぐみ