2017年10月11日 更新

SNSに私生活を公開する”トレンド”の末路は?映画「ザ・サークル」がそんな”未来”を予測

エマ・ワトソン×トム・ハンクスという豪華キャストで、SNS時代の”光と闇”に焦点を当てた映画「ザ・サークル」が公開されます。24時間、自らの行動の全てをネットにさらけ出した主人公は、瞬く間に”アイドル的な”人気を誇るようになります。現実世界でも、今や世界中の人々はSNSで自らの私生活を他人に”見せることに熱中”しています。こうした”トレンド”の行き着く先は?そんな未来を予感させる作品となっています

64 view お気に入り 0

超巨大SNS企業が掲げる理想は?

エマ・ワトソン×トム・ハンクスという豪華キャストで、SNS時代の”光と闇”に焦点を当てた映画『ザ・サークル』が11月10日より全国公開されます。
 (56548)

世界No.1のシェアを誇る超巨大SNS企業「サークル」。創始者のベイリー(トム・ハンクス)が掲げる理想は、全人類がすべてを隠すことなくオープンにする”完全な”社会。

そんな憧れの「サークル」社に採用され、日々奮闘する新人メイ(エマ・ワトソン)は、ある事件をきっかけにベイリーの目に留まり、新サービス「シーチェンジ」の実験モデルに大抜擢されます。

自らの24時間をカメラの前に公開したメイは、地味で真面目な田舎の優等生から、またたく間に1000万人超のフォロワーを得て”インフルエンサー”になるのですが・・・
エマ・ワトソンとトム・ハンクスが共演する本作は、憧れの超巨大SNS企業“サークル”に入社したメイが体験する恐怖を描く”スリラー”です。予告編はコチラ。↓↓↓

映画『ザ・サークル』本予告

SNSを通じてみんなで「シェア」する理由は?

地味で真面目な田舎の優等生から、SNS企業の社員として”エキセントリックな”インフルエンサーへ変貌していく主人公を演じるのはエマ・ワトソン。
 (56553)

『ハリー・ポッター』シリーズのハーマイオニーや『美女と野獣』のベルと、誰からも愛されるキャラクターを演じてきた彼女は、Twitterで2500万人を超えるフォロワーを持ち、自らの信条を発信するという点で、まさにうってつけのキャスティングだろう。
そして、SNSによって犯罪やテロを根絶し、世界を改革しようとするカリスマ経営者を演じるのはトム・ハンクス。いつもの愛嬌たっぷりのトム・ハンクスとはひと味違う、影のある演技が印象的だ。
 (56554)

本作の舞台となるのは、世界ナンバーワンのシェアを誇る超巨大SNS企業「サークル」。

同社が手掛けるのは、実名で登録すると、ワンアカウントでやりたいことが何でもできる、という総合ネットサービス。
その創始者であり、カリスマ経営者として名を馳せるベイリー(トム・ハンクス)が掲げる理想は、全人類が見聞きした美しい景色や、刺激的な体験を、SNSを通じてみんなで「シェア」すること。
 (56559)

この企業では、個人の情報すべてを、何ひとつ隠すことなくオープンにする完全な社会を目指しているようです。そして、この理想を実現させるためにも・・・↓↓↓
49 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキュレーター

SOCIALZINE編集部まりんちゃん SOCIALZINE編集部まりんちゃん


おすすめの記事

今注目の記事