2020年5月16日 更新

人手不足のサービス業でアルバイトは「辞めたい……」と声をもらす!?ブラックバイトの特徴を知ろう!!

団塊の世代の退職や少子化の影響でサービス業を始めとする働く人の人手不足は避けることができません。主婦やフリーター、大学生などパートやアルバイトに頼っても限界が見えそうです。

528 view お気に入り 0

●2017年の人手不足はバブル期以来の高水準になる!?

Free photo: Eiffel Tower, Paris, City, History - Free Image on Pixabay - 1784212 (1874)

人手不足は深刻で、求職者1人に対して何件の求人があるかを示す「有効求人倍率」は11月に1.41倍を記録。バブル期の1991年7月以来、25年4カ月ぶりの高水準となった。
サービス業の人手不足でパートやアルバイトに強い付加がかかっています。
少子高齢化の影響で、人手不足は強い悪影響を与えるでしょう。
飲食店専門の求人情報サイト「求人@飲食店.COM(運営:株式会社シンクロ・フード)」(http://job.inshokuten.com/)が、首都圏および関西の飲食店における2016年の年間求人データを発表します。
Free photo: Rain, Wet, Water, Window, Droplets - Free Image on Pixabay - 354617 (1891)

「レジャー費を稼いでいるだけだから」「長く働くわけではない」と軽視されがちで、働く環境整備が遅れてきた学生アルバイト。退職拒否や賃金不払いなどの労務トラブルが多発している。厚生労働省の調査では、大学生の6割がこういった法令違反を経験していた。生計のために働く学生が増えるなか、労働基準監督署や弁護士、大学が対応に乗り出した。
そんなアルバイトにはブラック体質なモノも含まれています。
ブラックバイトにはどんな特徴があるのか?
チェックが必要になるでしょう。
牛丼チェーンのすき家には、年末年始に多くの客が押し寄せた。変則営業の飲食店が多い中、24時間営業を貫いたからだ。その間は通常の時給に100〜400円を上乗せして、何とか人手を集めた。
Free photo: Fern, Tree, Nature, Green, Black - Free Image on Pixabay - 1713409 (1879)

飲食店や宿泊施設など主婦や大学生、フリーターなどのパートやアルバイトの存在は大きい物があります。

しかし、主婦は家庭の事情、大学生は試験や就職活動など時間の制限があり、正規雇用なみに働くのは難しいでしょう。
頼みのフリーターも簡単に見つかるとは限りません。

そこで多くの企業が導入しているのが「契約社員制度」による待遇のアップです。
契約社員になれば、時給がアップするだけでなく、店長になり、部下の指導も可能です。
場合によっては正規雇用の道も開けます!
Free photo: Sunset, Sun, Clouds, Dark Clouds - Free Image on Pixabay - 1370172 (1881)

ただ、こうした契約社員の制度には課題もある。日本総合研究所の山田久チーフエコノミストは、「2013年に改正労働契約法が施行され、契約社員は有期労働契約の更新が通算5年を超えると期間の定めのない無期労働契約に転換できることになった。
しかし、契約社員制度には課題も見えています。
2013年に法律が改正され、契約社員の期間が通算5年を超えると無期労働契約をしなければいけないのです。
結果として5年になる前に契約社員を辞めなければいけないケースもでてくる事も……
外食業界で24時間営業を見直す動きが加速している。深夜時間帯の客数が減少しているほか、アルバイトなどの人材確保が難しくなっていることが主な理由。深夜の街の景色は徐々に変わろうとしている。

●人手不足に企業はどう対応すればいいのか?

かつてパート・アルバイトの主力といえば学生や主婦であったが、シニアの採用に活路を見いだす動きも出てきた。
こうした動きの中でシニアや外国人実習生を受け入れるケースも出てきます。
シニアの方々は社会人経験があり、簡単な仕事なら覚えるのが早い特徴があります。
また、夜のシフトは難しいですが朝早くから仕事を希望する人が多いなど、フリーターや大学生にはないメリットも多いのです。

外国人実習生の場合、賃金はパートやアルバイトとほとんど変わらない。
しかし、受け入れ団体に管理料を支払うため、トータルで見ると人件費は普通のパートやアルバイトよりも高くなります。

また、外国人実習生はずっと日本にいるわけではなく、実習期間が終われば母国に帰国してしまいます。
それでも受け入れるのは人手不足の解消をする苦渋の選択と言えるのです。
19 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

バイトリーダーとはなぜ偉そうにするのか?人手不足深刻によるトラブル解消ができないのが理由か?

バイトリーダーとはなぜ偉そうにするのか?人手不足深刻によるトラブル解消ができないのが理由か?

非正規雇用の増加によりアルバイトリーダーであっても正社員並みの仕事をするケースもあります。一生懸命仕事をするのはいい事ですが、空回りいしてバイト仲間の信頼を得られないケースもあるようです
socialzine管理部 | 947 view
2017年のブラック企業大賞が続々発表される! NHKやヤマト運輸などノミネート企業の言い分は?

2017年のブラック企業大賞が続々発表される! NHKやヤマト運輸などノミネート企業の言い分は?

従業員に精神面や身体的な負担を与え、労働環境やノルマ、就業規則などを改善しない「ブラック企業」。会社員のうつ病など精神面での不安、離職率など大きな問題になっています。日本に数あるブラック企業の中でも特に有名、さらに過労死などの問題を起こした「ブラック企業大賞2017」が発表されました。
鈴木康平 | 3,266 view
高齢化が進むフリーター事情 年収100万円の貧しい生活も珍しくない 生活保護などの問題を抱えた高齢フリーターや生活保護受給者の末路は?

高齢化が進むフリーター事情 年収100万円の貧しい生活も珍しくない 生活保護などの問題を抱えた高齢フリーターや生活保護受給者の末路は?

日本人の平均年収は約400万円。しかし、非正規となれば100万円以上がぐっと減らされます。非正規といえば派遣社員などがありますが、フリーターもその1つ。最近は人手不足や景気の上向きで若いフリーターが減っていますが、30歳以上の高齢フリーターが社会問題になっています。
鈴木康平 | 2,214 view
生活保護や高齢フリーターなどの格差社会 お金持ちと貧困が広がる日本社会 苦しむ彼らを見ていると「希望ある未来はあるのか?」と疑ってしまう

生活保護や高齢フリーターなどの格差社会 お金持ちと貧困が広がる日本社会 苦しむ彼らを見ていると「希望ある未来はあるのか?」と疑ってしまう

景気水準が上向きになったと発表がありました。バブルなど誰もが「お金の幸せ」を実感できた好景気ではありませんが、企業としては景気が上向きになったようです。しかし、そんな好景気の実感を受けられない人たちがいるのも事実。生活保護や高齢フリーターなど格差が広がる日本の社会。誰もが希望がある未来は訪れるのでしょうか?
鈴木康平 | 493 view
「有給休暇」の取り方はビジネスマンの基本? 嘘の葬式やライン報告 新入社員がやってしまった上司や先輩との有給取得トラブルは?

「有給休暇」の取り方はビジネスマンの基本? 嘘の葬式やライン報告 新入社員がやってしまった上司や先輩との有給取得トラブルは?

仕事が休みなのに給料というお金がきちんと振り込まれる。それが有給休暇の魅力です。正規雇用はもちろん、アルバイトやパートなど働く人に強い味方が有給休暇。しかし、有給休暇を取得するのは簡単ではありません。次の日、休みたくても溜まっている仕事を放っておいたり、忙しい職場を無視したりすれば人間関係にヒビが入ります。
鈴木康平 | 1,941 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

socialzine管理部 socialzine管理部