2017年10月14日 更新

「大学時代にやっておけばよかった」と社会人が後悔する7つの事!

学生時代は不思議と時間がゆっくり流れる感覚がありますが、有限に変わりありません。大学に入学し、楽しい時間を過ごしても4年という時間はあっという間に過ぎます。卒業し、社会人になった時に「学生時代にアレをやっておけばよかった」。そう後悔する7つの事を紹介します。

713 view お気に入り 0

●大学時代の4年間はとても大切な時間

大学時代という時間は長いようですがあっという間に過ぎます。
サークルや合コン、アルバイトに恋愛・・・
色々なキャンパスライフがアナタを待っているでしょう。

しかし、入学し、あれよあれよと色々なイベントが起き、あっという間に就職活動がスタートし、自然と卒業ムードが漂い、社会人と巣立っていきます。

社会人になると、学生時代に「アレをやっておけばよかった」と後悔する事が多々あります。
大学時代にどんな事をすれば満足いく社会人生活を送れるのでしょう?
Free photo: Wailing Wall, Jerusalem, Pray, Jew - Free Image on Pixabay - 1702919 (57532)

大学生活の4年はあっという間です。本当にあっという間です。2017年も既に秋。来年の春に卒業してしまう人にとっては、学生時代はあと半年です。今回は、大学生の時に何をしておけばその後の人生の満足感が高まるのか、社会人の意見をもとにまとめてみました。
学生の勉強時間を確保するために、採用活動開始を遅らせるという傾向もある昨今、大学でもっと勉強しておけば…と後悔した経験があるかどうか、マイナビニュース会員500名にきいてみました。
社会人になると、「あのときこれをやっておけば……」と後悔することが多々あります。時間を自由に使えた大学時代に関しては、特にそういった「やっておけばよかった」と思うことが多い気がします。
Free photo: Book, Reading, Poetry - Free Image on Pixabay - 2752587 (57536)

講義に出席せず、勉強はテスト前にしかやらない。
遊ぶために大学に入ったんじゃないか?

そんな人がいますが、社会人が大学時代に後悔する事の1つに「勉強」があります。
・もっと専門知識を勉強しておけばよかった
・弁護士など難しい資格にチャレンジすればよかった

大学の勉強なんてよほどの人でないと社会人になっても活かせない。
そうした意見はありますが、勉強せず、社会人になって後悔し、大学に入りなおす人も多いようです。
海外留学は、大学に交換留学制度があればチャレンジしてみる価値はあります。ただし、できれば1、2年生の時に経験しておくべきです。3、4年生になると就職活動もあるでしょうから、その選択肢を狭めないためです。
 僕ははっきり言う。「日本は小中高の教育が優れている。社会人になると企業内教育をみっちり受ける。逆に大学時代しか遊ぶ時間はないのだ。この時期に思い切り遊んでおかないと、健全な人格形成ができないと思う」
Free photo: Knowledge, Book, Library, Glasses - Free Image on Pixabay - 1052010 (57540)

就活生の皆さん、こんにちは。人材研究所(東京・港)の曽和利光です。面接では、学生時代の活動について必ず聞かれると思います。「人に自慢できるようなサークルやゼミじゃなかったらどうしたらいいか」。「就活相談室」に集まってくれた3人からの疑問に答えていきます。
泣いても笑っても、大学生活は人生で一度きり。「あの頃に戻りたい……」なんて社会人になってから思わないよう、やりたいこと・やるべきことをすべてやりつくした4年間にしていきたいですよね!
大学生は時間がたっぷりある・・・
それは正解ではありますが、テストにサークルなど大学生なりのキャンパスライフを充実させるには時間の使い方が大切。

就職活動や卒業研究が近づく、3年生や4年生になると時間がなかなか取れない人も多いようです。

そうした意味で、海外に出て自分の見聞を広めるには1年生や2年生の夏休みなどがおススメ。

もっと、海外に行けばよかった。
社会人になるとお金はあるが、時間が取れず、海外旅行に行けない人も多いようです。
Free photo: Business, Innovation, Money, Icon - Free Image on Pixabay - 561388 (57544)

25 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

「結婚にメリットがない」が科学的に証明された! ある意味独身が勝ち組!?

「結婚にメリットがない」が科学的に証明された! ある意味独身が勝ち組!?

結婚する事は精神的にも肉体的にも素晴らしい事。これは昔から古今東西で言われてきた事でしょう。結婚すれば家に帰って話し相手がいる温かい家庭が待っている。ウキウキしながら家に帰りたい・・・そう思えるサラリーマンはどれだけいるでしょう。結婚しないデメリットが科学的に証明されてしまい結果は悪化する一方です。
鈴木康平 | 1,556 view
親の経済力で左右される子供の受験やテスト点数 「学力」はお金で買えるのか?

親の経済力で左右される子供の受験やテスト点数 「学力」はお金で買えるのか?

日本の中学生の6割が塾に通い、高校受験や大学受験に備えています。しかし、親が非正規や生活保護の環境で塾に満足に通えず、学力に差が生まれるケースが問題となっています。お金をかければ良いわけでもありませんが、格差を感じずにいられない子供の学力。
鈴木康平 | 259 view
アルコール依存症を防ぐには「1人酒」を避ける!? 専門医が指摘する要注意サインとは?

アルコール依存症を防ぐには「1人酒」を避ける!? 専門医が指摘する要注意サインとは?

アルコール依存症は国内で5万人が治療を受けています。治療を受けていない人を含めると、かなり多くの人がアルコール無しではいられない身体になっているのかもしれません。薬物治療を専門にする医師が傾向する「1人酒」。お酒との付き合い方をきちんとできていますか?
鈴木康平 | 466 view
「実感なき好景気」を生きる現代は「いざなぎ景気」を越えた成長率!? なぜ賃金アップしないのか?

「実感なき好景気」を生きる現代は「いざなぎ景気」を越えた成長率!? なぜ賃金アップしないのか?

「景気は回復傾向にある」。政治家や経済の先生たちはそう言いますが、毎日働く人たちにとって景気回復は実感がありません。バブルやいざなぎ景気のように皆が幸せでお金に余裕のある生活がしたい。しかし、数字の上では現代の「実感なき好景気」は「いざなぎ景気」を越えるようで・・・
鈴木康平 | 750 view
幸せが遠のくのは「自分へのご褒美」が原因!? たまになら良いですが数が多すぎませんか?

幸せが遠のくのは「自分へのご褒美」が原因!? たまになら良いですが数が多すぎませんか?

仕事や勉強をがんばった「自分へのご褒美」にちょっと高いビールやお菓子を食べたり、高いホテルに泊まったりしていませんか?本当にたまにやるなら効果的な「自分へのご褒美」。しかし、自分を甘やかし、数が増えると幸せから遠ざかってしまうかもしれません。
鈴木康平 | 80 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

鈴木康平 鈴木康平